最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > ブログ > 2世代前の日本銀行券の価値は?

2世代前の日本銀行券の価値は?

2017.03.15

2世代前の日本銀行券の価値は?

先日、友人からこんな画像が送られてきました。

これは昭和後期の旧紙幣、日本銀行券C号1,000円です。
肖像画には伊藤博文が描かれています。

昭和38年11月1日に発行され、昭和59年まで使われていたものなので、ゆきんこの親世代の人たちにとっては見覚えのある紙幣だと思います。

友「これって価値あるのかな?」

とのことなので・・・

ゆ「日本銀行券だから、もちろん今でも買い物に使えるし、銀行に行けば交換してもらえるよ」

と返信したのですが・・・

友「アンティーク的な価値はないの?しかもこれ、ピン札みたいなんだよね」

ええ!?そんないきなり聞かれても・・・

それじゃあ、調べてみることにしましょう!
というわけで、今回は日本銀行券C号1,000円の価値について調査してみました。

販売価格は?

まず、C号1,000円券には前期、後期の物があり、数字が黒色=前期、文字が紺色=後期というふうに見分けることができます。

そして、数字左側のアルファベットが1桁か?2桁か?ということで価値が変わってきます。

それでは『古銭カタログ』から販売価格を見てみましょう。
まず、未使用品の販売価格です。

・前期1桁 14,000
・前期2桁 2,500
・後期1桁 6,000
・後期2桁 2,000

使っているものは、アルファベット1桁のみ販売価格が記載されていました。

・前期1桁
極美品 8,000
美 品 4,000
並 品 2,000

・後期1桁
極美品 4000
美 品 2000
並 品 1500

友人のものは後期2桁の未使用品なので、販売価格としては2,000円の価値があるようです。

では次に、恐らく友人が一番気になっているだろう買取価格について調べてみます。

買取価格は?

ネット上で公開されている買取価格を探ってみます。

Q&Aサイト(https://smcb.jp/worrying_questions/15018)
こちらのサイトに似たような質問がありました。
たくさんの回答があったので、ざっと目を通してみたのですが、やはりアルファベット2桁ともなると、額面どおりの価値と考えたほうがよさそうです。
買取してくれるかは厳しいかもしれませんね。

金貨・古銭・記念コイン買取 福ちゃん

(https://fuku-chan.jp/kosen/oldshihei/oldshihei01.php?page=seo&item=kosen)
こちらのお店のサイト情報でも、日本銀行C号券は現在有効な紙幣なので、額面通りの価値しかないということでした。
しかし、紙幣にある番号によってレア度が上がり、プレミアムがつく、つまり査定可能ということが紹介されていました。

以前、いますぐ財布をチェック!超高額レアな紙幣
(http://古銭価値情報.com/blog/premiere_osatsu)という記事にも書きましたが・・・

番号が若い(1~10など)
キリ番(100や1000など)
ゾロ目(111111や777777など)
連番(123456など)

こういった番号の紙幣は額面の数倍で取引をされています。
友人の送ってきた紙幣の画像をよく見ると「566466」という番号があります。

ネット上では同じような番号の紙幣価値情報を見つけることはできませんでしたが、何だかプレミアムのつきそうな番号ですよね。

調べたことを友人に伝えたところ「お店で査定をしてもらいたい」ということだったので、ウルトラバイヤープラスさんの出張買取で聞いてみることをおすすめしました。

良心的で安心なお店なので、きっといい査定結果になることでしょう。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!
 
関連ブログ
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ