最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 10,000〜49,999円

10,000〜49,999円

慶長通宝(けいちょうつうほう)

慶長通宝(けいちょうつうほう):表 慶長通宝(けいちょうつうほう):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 慶長11年 / 1606年 / 江戸時代
素 材

慶長通宝は、それまで広く流通していた永楽通宝に代わる銭貨として、江戸幕府により鋳造されたと言われています。

幕府により一から製造された鋳型により鋳造された物と、永楽通宝から「永楽」の文字を削って改造した物を鋳型とした私鋳銭が存在し、その鋳造方法や書体などにより、古銭としての価値に大きな差があります。

ですので、慶長通宝をお売りになる場合、古銭専門の鑑定士がいる古銭買取業者に、査定してもらうことがとても重要です。

秋田藩 広郭(あきたはん こうかく)

秋田藩 広郭(あきたはん こうかく):表 秋田藩 広郭(あきたはん こうかく):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 幕末 / 江戸時代
素 材

保通宝の中で、藩鋳銭と呼ばれる物は、本来は鋳造の権利のない各藩が秘密裏に鋳造した、いわば、偽造通貨です。

秋田藩鋳銭も、その例にもれず、密鋳された銭貨で、裏に描かれた花紋が大きめであることが特徴です。

広郭というのは、中央の穴の周りにある縁が幅広であることを示しています。

文字も縦長で、背の花押が特に大きいです。

秋田藩鋳銭の相場は、1万円以上とされていますので、お売りになる場合は、古銭の価値を正しく評価できる、古銭専門の買取業者がおすすめです。

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣(しんかんせんてつどうかいぎょうごじゅっしゅうねんきねんかへい)

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣(しんかんせんてつどうかいぎょうごじゅっしゅうねんきねんかへい):表 新幹線鉄道開業50周年記念貨幣(しんかんせんてつどうかいぎょうごじゅっしゅうねんきねんかへい):裏 希少価値★★★★☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 平成26年 / 2014年 / 平成時代
素 材

2014年に新幹線開業50周年を記念して作られたプルーフ仕様の1000円銀貨と初のクラッド技術が用いられた100円硬貨があります。

デザインは1000円銀貨に初代新幹線、100円クラッド貨幣には9種類の新幹線の異なったグラフィックが採用された珍しい硬貨です。

とくに1000円銀貨(箱付)やミントセット100円硬貨は希少性が高いので相場における価値が上がっている今は換金のチャンスです。

お売りをお考えであれば、記念硬貨の価値を正確に評価してくれる古銭・コインの買取店へ依頼すると良いでしょう。

日露戦争軍票(にちろせんそうぐんぴょう)

日露戦争軍票(にちろせんそうぐんぴょう):表 日露戦争軍票(にちろせんそうぐんぴょう):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治38年 / 1905年 / 明治時代
素 材

日露戦争軍票とは、日露戦争中、戦場となった満州や朝鮮半島で使用されていた疑似紙幣の一種です。

明治通宝のデザインがそのまま流用されていますが、現地での使用を考え、裏面にはハングルでのただし書きも記されています。

この軍票は銀貨に交換が可能でしたが、日露戦争は日本の勝利で終わったため、記念として持ち帰る人も多かったようです。

身内からもらい受けられた日露戦争軍票がお手元にあって、価値を調べたいのなら、古銭を買取するお店に相談されることをおすすめします。

琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ)

琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ):表 琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 文久3年 / 1863年 / 江戸時代
素 材

琉球通宝半朱とは、琉球の救済を目的として、薩摩藩によって鋳造された地方貨幣の一種です。円形に四角い穴を持つ銅銭で、32枚で1両として通用しました。刻印は両面ともに篆書体が用いられ、表面には「琉球通寶」、裏面には「半朱」と記されており、側面には薩摩藩で鋳造されたことを示す「サ」の字が刻印されています。琉球通宝は、字形の差によっても価値が変わりますので、換金をお考えの場合には、古銭買取のお店にご相談ください。

金円世宝(きんえんよほう)

金円世宝(きんえんよほう):表 金円世宝(きんえんよほう):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 文明2年 / 1470年頃 / 室町時代
素 材

金円世宝とは、琉球王国の尚円王時代の銅銭で、その鋳造目的は、日明貿易で用いられた永楽通宝の不足をまかなうためであったようです。表面には「金円世寶」と刻印されており、裏面は無紋です。「大世通宝」、「世高通宝」、とともに、「琉球三世銭」とも呼ばれています。金円世宝の鋳造枚数自体、あまり多くはなかったようですので、貴重な古銭といえます。換金をお考えで、相場や価値がわからずご不安の場合には、古銭買取専門のお店にご相談ください。

[日本銀行券C号]聖徳太子1万円

[日本銀行券C号]聖徳太子1万円:表 [日本銀行券C号]聖徳太子1万円:裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 昭和33年 / 1958年 /
素 材

聖徳太子万円札C号は日本銀行券で最高額の紙幣です。

初の一万円券として発行されると、高度経済成長の一端を担い広まりました。

表には聖徳太子が刻まれ、法隆寺夢殿の透かしがはいっており、C号券とも呼ばれます。

通常は一万円前後で取引されることが多い品ですが、美品や一桁ナンバー、ぞろ目、ミスプリントなどは高額になる可能性もあります。

保存状態が良ければ、数万円から数十万円の価値になることもありますので、気になるのであれば、専門家にみてもらうと良いでしょう。

[旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん )

[旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん ):表 [旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん ):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治15年 / 1882年 / 明治時代
素 材

日本銀行券は、明治15年に発行された、日本で初めての中央銀行による紙幣です。

お札の表面に大黒様が描かれていることから、古銭のコレクターからは「大黒札」とも呼ばれています。

日本銀行券ですから、1円札については現在でも使用可能な紙幣ではあるのですが、古銭としての価値は、その額面をはるかに超えるものです。

意外に買取ってもらう時に高く付く可能性もありますので、もしも日本銀行券の売買をお考えの場合には、古銭買取の専門業者にご相談いただくことをおすすめいたします。

太政官札(だじょうかんさつ)

太政官札(だじょうかんさつ):表 太政官札(だじょうかんさつ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治元年 / 1872年 /
素 材

太政官札とは、明治元年に明治政府により発行された紙幣で、10両、5両、1両、1分、1朱の5種類の金種がありました。

当初は13年間の発行期限でしたが、成立したばかりの新政府の信用をよりどころにする紙幣であることや、偽札が出回ったことによって受け入れられなくなり、明治12年までに新紙幣などへの交換が行なわれました。

交換されず民間に残った太政官札は、古銭として価値のある物になっていますので、古銭商などの古銭買取業者で売ることができます。

ぜひ信頼できる鑑定士にお願いして、一度は調べてもらうと良いでしょう。

貞享通宝(じょうきょうつうほう)

貞享通宝(じょうきょうつうほう):表 貞享通宝(じょうきょうつうほう):裏 希少価値★★★★☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 貞享元年 / 1684年 / 江戸時代
素 材

江戸幕府の5代将軍、徳川綱吉の時代、天和4年2月21日、讖緯説で政治上の変革が起こるとされる甲子革令に当たるため、その厄災を避ける目的で、元号が貞享と改元されました。

この年に鋳造された銀銭が貞享通宝です。

表面には「貞享通寶」、背面には「甲子」の文字が刻印されています。

この銀銭は、試鋳銭にとどまったため、現存数も少なく、価値のある古銭と言えます。

貞享通宝をお売りになりたい方は、古銭買取専門店をご利用するのが最もおすすめです。

1 2 3

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ