最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 明治時代(1868〜1912)

明治時代(1868〜1912)

二十銭銀貨幣 旭日龍(にじゅっせんぎんかへい きょくじつりゅう)

二十銭銀貨幣 旭日龍(にじゅっせんぎんかへい きょくじつりゅう):表 二十銭銀貨幣 旭日龍(にじゅっせんぎんかへい きょくじつりゅう):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 明治4年 / 1871年 / 明治時代
素 材

20銭銀貨幣(旭日龍)は明治4年(1871年)布告の新貨条例により発行されました。

同時に補助貨幣の銀貨として五十銭、十銭が発行されています。

買取は数千円が普通ですが、美品になると一万円をこえることもあります。

特に初期のコインは製造技術が十分ではなく、デザインが欠けていたりずれていたりすることがあります。

お客様自身も気づかなかったプレミアが付くものもありますので、そういった場合ですと想像を上回る価格での買取が期待できるでしょう。

二十銭銀貨幣 旭日 (にじゅっせんぎんかへい きょくじつ)

二十銭銀貨幣 旭日 (にじゅっせんぎんかへい きょくじつ):表 二十銭銀貨幣 旭日 (にじゅっせんぎんかへい きょくじつ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治時代
素 材

明治39年(1906年)、銀相場が上昇に転じたことで銀を約25%減量し、龍図を日章に変更する改正が行われました。

その時に発行されたのが20銭銀貨幣(旭日)です。

通品は数千円で取引されることが多い古銭ですが、特に明治44年に発行された品は数が出回っておらず、愛好家の間で人気があります。

買取となると数十万円の価値があるものもありますので、買取専門店の鑑定士に慎重に調べてもらってから換金をした方がよいでしょう。

インディアン金貨(いんでぃあんきんか)

インディアン金貨(いんでぃあんきんか):表 インディアン金貨(いんでぃあんきんか):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治34年 / 1901年 / 明治時代
素 材

インディアン金貨とは、かつてアメリカで鋳造されていた金貨で、10ドル、5ドル、2.5ドルの3種類が存在しています。

裏面にはアメリカの国鳥の白頭鷲、表面にはアメリカ先住民の横顔が描かれていることからインディアン金貨と呼ばれていますが、

実は、10ドル金貨だけは、自由の女神の横顔になっています。

発行の年代により値段にばらつきがございますので、インディアン金貨を換金する際は古銭買取専門店を是非利用されると良いでしょう。

貿易銀(ぼうえきぎん)

貿易銀(ぼうえきぎん):表 貿易銀(ぼうえきぎん):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治8年 / 1875年 / 明治時代
素 材

貿易銀は19世紀後半に、貿易のためだけに発行された大型銀貨のことで、アメリカ合衆国、日本およびイギリスで使用されたました。

日本では1875年(明治8年)から発行された「貿易銀」と表記された銀貨をさしますが、1871年(明治4年)から発行された一円銀貨すべてを貿易銀をいう場合もあります。

近代銭の中でも特に人気で、流通量が少ない明治10年の貿易銀は十万円以上の買取価格が期待できます。

ただ贋作も多いため、プロの鑑定士でないと正しい価値を見出すのが難しい場合もありますので注意が必要です。

半銭銅貨(はんせんどうか)

半銭銅貨(はんせんどうか):表 半銭銅貨(はんせんどうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 明治3年 / 1870年 / 明治時代
素 材亜鉛

明治3年(1870年)に新貨条例施行に伴い半銭銅貨は製造を開始することとなりました。

しかし金・銀硬貨が優先されたため、施策のみで、明治6年(1873年)に本格的に製造が開始されました。

半銭銅貨は普段は古銭の中でもお手軽な価格で売買されることが多いです。

が、明治10年の角うろこの物と明治12年の品は希少性が高く価格も高揚するので、買取を検討であれば鑑定士が在籍する古銭専門店での査定が望ましいでしょう。

[イギリス] ヴィクトリア・ジュビリー(びくとりあ・じゅびりー)

[イギリス] ヴィクトリア・ジュビリー(びくとりあ・じゅびりー):表 [イギリス] ヴィクトリア・ジュビリー(びくとりあ・じゅびりー):裏 希少価値★★★★★
相場価格500,000〜999,999円
時代背景 明治20年 / 1887年 / 明治時代
素 材

ビクトリア女王在位50年を記念して1887年に発行されたコインです。

プルーフ11点セットでわずか797セットしか作られず非常に希少な品です。

なかでも人気があるのが5ソブリンプルーフ金貨で売買価値は百万円こえるのが一般的です。

金ブームもあり長期的なコレクションが期待されます。

非常に価値のある金貨ですので、買取をしてもらう際には、プロの鑑定士に相談をいれるなど、慎重に検討をすることをおすすめします。

[イギリス] ソブリン金貨(そぶりんきんか)

[イギリス] ソブリン金貨(そぶりんきんか):表 [イギリス] ソブリン金貨(そぶりんきんか):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治時代 / 明治時代
素 材

ソブリン金貨は、イギリスの1スターリング・ポンドに相当する金貨の名称です。

初めて製造されたのは15世紀後期ですが、通常は19世紀前期の金本位制施行により登場した新しい金貨のことをさします。

ソブリン金貨の価値はその絵柄や製造場所によって異なります。

希少価値が高く、また愛好家からも人気があるため数万円から数百万円するような品もあります。

記念硬貨の買取額はお店によってかなりの差がでますので、買取の際には慎重に、まずは相談からで依頼されると良いでしょう。

[南アフリカ] クルーガーランド金貨(くるーがーらんどきんか)

[南アフリカ] クルーガーランド金貨(くるーがーらんどきんか):表 [南アフリカ] クルーガーランド金貨(くるーがーらんどきんか):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格50,000〜99,999円
時代背景 明治25年 / 1892年 / 明治時代
素 材

クルーガーランド金貨は、南アフリカ共和国造幣局発行の地金型金貨です。

この金貨は1ポンド金貨を模していて、1892年から1900年にかけて発行されました。

表面には元大統領ポール・クリューガーの肖像が、裏面にはアンテロープの一種スプリングボックが描かれています。

投資目的として購入されることが多いのですが、通貨の価値がさがるとプレミアムが消えてしまいます。

売買するタイミングが難しい時期もありますので、買取はよく考えて慎重にお売り頂くことが大切です。

イギリス貿易銀(いぎりすぼうえきぎん)

イギリス貿易銀(いぎりすぼうえきぎん):表 イギリス貿易銀(いぎりすぼうえきぎん):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 1895年 / 明治時代
素 材

1800年代、イギリスと東洋との貿易のアヘン戦争で中国は香港をイギリスに割譲したことから貿易がこの地に集中することとなり、イギリス貿易銀が生まれたのです。

一時はメキシコドルに押され製造が中止されましたが1895年再度発行されました。

通常は数千円から一万円程度で取引されることが多いですが、極美品になると数万円する品もあり、手をだしやすい古銭といえます。

買取を検討中でしたら、一度は専門店に相談してみる事をおすすめします。

アメリカ貿易銀(あめりかぼうえきぎん)

アメリカ貿易銀(あめりかぼうえきぎん):表 アメリカ貿易銀(あめりかぼうえきぎん):裏 希少価値★★★★★
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治6年 / 1873年 / 明治時代
素 材

アメリカ貿易銀はアメリカが東洋の中でも特に中国との貿易を発展させるために作られた貿易専用の銀貨です。

メキシコ銀貨への対抗のためでもありました。

従来の1ドル銀貨よりも増量して製造され、トレードダラー銀貨と呼ばれています。

相場は非常に振り幅が大きく、数万円前後から数十万円で買い取りされています。

ミントステイトなどの極美品は五十万円をこえ、非常に優れている品は一千万円近くで取引されることもあります。

慎重な鑑定が必要なので、買取を検討中であれば信頼できる古銭商に見てもらった方がよいでしょう。

1 2 3 4

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ