最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 希少度5 ★★★★★

希少度5 ★★★★★

明暦大判金(めいれきおおばんきん)

明暦大判金(めいれきおおばんきん):表 明暦大判金(めいれきおおばんきん):裏 希少価値★★★★★
相場価格1,000,000円〜
時代背景 明暦4年 / 1658年 / 江戸時代
素 材

江戸時代の明暦3年に起きた明暦の大火は、江戸の街の大半を焼き、幕府の御金蔵も被害を受けました。

そのために、溶けた金銀を鋳造し直す必要が生じたのですが、その際に鋳造し直された大判が、明暦大判と呼ばれています。

明暦大判は、その古銭としての価値もさることながら、美術品としても非常に価値が高く貴重な物です。

ですから、明暦大判の換金をお考えの際には、鑑定士がいる古銭買取業者にまずご相談されると良いでしょう。

[イギリス] ヴィクトリア・ジュビリー(びくとりあ・じゅびりー)

[イギリス] ヴィクトリア・ジュビリー(びくとりあ・じゅびりー):表 [イギリス] ヴィクトリア・ジュビリー(びくとりあ・じゅびりー):裏 希少価値★★★★★
相場価格500,000〜999,999円
時代背景 明治20年 / 1887年 / 明治時代
素 材

ビクトリア女王在位50年を記念して1887年に発行されたコインです。

プルーフ11点セットでわずか797セットしか作られず非常に希少な品です。

なかでも人気があるのが5ソブリンプルーフ金貨で売買価値は百万円こえるのが一般的です。

金ブームもあり長期的なコレクションが期待されます。

非常に価値のある金貨ですので、買取をしてもらう際には、プロの鑑定士に相談をいれるなど、慎重に検討をすることをおすすめします。

パルティア戦争勝利記念貨幣(ぱるてぃあせんそうしょうりきねんかへい)

パルティア戦争勝利記念貨幣(ぱるてぃあせんそうしょうりきねんかへい):表 パルティア戦争勝利記念貨幣(ぱるてぃあせんそうしょうりきねんかへい):裏 希少価値★★★★★
相場価格500,000〜999,999円
時代背景 ローマ・アウレリウス帝 / 166年 /
素 材

ローマ帝国が大国パルティアを破った記念としてアウレリウス帝の肖像が印象的な硬貨が2世紀中頃に発行されました。

表にはラテン語で「マルクス・アントニヌス帝 アルメニア征服将軍にして偉大なるパルティア征服将軍」という文字があり、裏側には「VIC PAR」と刻まれた盾を持つ勝利の女神Victoriaが描かれています。

このコインは考古学的価値もある貴重な硬貨ですので、売る場合もしっかりお店選びをし、鑑定士が在籍する古銭専門店での査定が望ましいでしょう。

正徳小判(しょうとくこばん)

正徳小判(しょうとくこばん):表 正徳小判(しょうとくこばん):裏 希少価値★★★★★
相場価格1,000,000円〜
時代背景 1714年 / 正徳4年 / 江戸時代
素 材

正徳小判とは、新井白石による通貨吹き替えの際に鋳造された小判です。

これは、荻原重秀の政策によって大量に鋳造された低品位の小判を回収し、家康の持っていた理念に沿い、高品位の金貨を鋳造するのが目的でした。

しかし実際には、より高品位である後期の慶長小判の品位に足りず、悪評により、わずか4カ月ほどで改鋳となります。

それゆえ正徳小判は希少であり、価値のある小判です。

もし、この小判をお売りになる場合は、正しい価値を見出せる古銭買取業者にまずはご相談すると良いでしょう。

享保小判(きょうほうこばん)

享保小判(きょうほうこばん):表 享保小判(きょうほうこばん):裏 希少価値★★★★★
相場価格500,000〜999,999円
時代背景 正徳4年 / 1714年 / 江戸時代
素 材

享保小判とは、元禄小判の登場以降、品位の低くなった小判を、高品位の慶長小判と同程度まで高めるという目的を持ち鋳造された小判です。

しかし、材料として元禄小判や宝永小判を用いたため、貨幣の流通量が下がり、インフレからデフレに経済が傾き、庶民に打撃を与える結果となりました。

享保小判の金含有量は86%ですから、K20相当の金貨ということになりますが、その価値は貴金属として以上のものです。

取引価格は状態の良いもので60万円であり、古銭買い取りにおいてもかなり良い値がつく小判です。

慶長小判(けいちょうこばん)

慶長小判(けいちょうこばん):表 慶長小判(けいちょうこばん):裏 希少価値★★★★★
相場価格1,000,000円〜
時代背景 慶長6年 / 1601年 / 江戸時代
素 材

慶長小判とは、関ヶ原の戦いの翌年、慶長6年に鋳造されたとされる小判です。

江戸幕府の歴史と共に誕生した小判というわけですが、この小判は江戸時代に鋳造された小判の中でも大型で、金の純度の高い立派な物でした。

表面に刻まれているござ目には数種類あり、それによって鋳造時期を知ることができます。

慶長小判はコレクターの間でも非常に人気のある小判です。

お売りになる際には、しっかりと査定できる古銭買取専門店に査定してもらえると安心です。

宝永小判(ほうえいこばん)

宝永小判(ほうえいこばん):表 宝永小判(ほうえいこばん):裏 希少価値★★★★★
相場価格1,000,000円〜
時代背景 宝永7年 / 1710年 / 江戸時代
素 材

宝永小判とは、江戸時代に鋳造された比較的小型の小判です。

これは、金の含有量を慶長金と同程度の品位に保ちつつ、流通量を確保するための施策でした。

この小判の前に鋳造された元禄小判は純度を下げて大きさを保つという方法でしたが、それが受け入れられなかったため、今度は小さくして純度を保つという方法にしたわけです。

宝永小判は小さいながらも高品位の金貨で、非常に価値の高い古銭ですので、お売りになる場合には、プロの鑑定士が在籍している古銭買取業者にご相談すると良いでしょう。

元禄小判(げんろくこばん)

元禄小判(げんろくこばん):表 元禄小判(げんろくこばん):裏 希少価値★★★★★
相場価格500,000〜999,999円
時代背景 元禄8年 / 1695年 / 江戸時代
素 材

元禄小判は慶長小判と同程度の大きさの小判ですが、金の含有量が30%ほど低い物になっています。

慶長小判2枚に銀を加え、3枚の元禄小判を作る、これは幕府の財務責任者である荻原重秀の経済政策が反映されたものでした。

この政策の結果として、当然ながら通貨の流通量は増し、経済発展が進み、日本は元禄文化の黄金期を迎えます。

江戸時代の経済を支えた元禄小判は、今でも価値の高い物です。

お手元の小判をお願いするか検討中でしたら、古銭の買取業者に一度は相談してみる事をおすすめします。

元禄大判金(げんろくおおばんきん)

元禄大判金(げんろくおおばんきん):表 元禄大判金(げんろくおおばんきん):裏 希少価値★★★★★
相場価格1,000,000円〜
時代背景 元禄8年 / 1695年 / 江戸時代
素 材

元禄大判金とは、江戸時代に鋳造された5種類の大判のうちの一つです。

形状は慶長大判金と同様ですが、裏面に鋳造された時期を表す「元」という刻印がされています。

この元禄大判金は鋳造枚数が3万枚ほどと多かったものの、のちに多くが鋳つぶされたため、希少性が高く、古銭としての相場も高いものとなっています。

貴重な元禄大判金をお売りになる際は、信頼のおける古銭買取の専門店にしっかり査定してもらえると安心です。

享保大判金(きょうほうおおばんきん)

享保大判金(きょうほうおおばんきん):表 享保大判金(きょうほうおおばんきん):裏 希少価値★★★★★
相場価格1,000,000円〜
時代背景 享保10年 / 1725年 / 江戸時代
素 材

江戸時代に鋳造された大判金は5種類ありますが、金の含有量やサイズがそれぞれ違っています。

その中でも享保大判金は、江戸初期に鋳造された高品位の大判金である慶長大判金と同等の品質です。

享保大判金は長い期間鋳造されたため、大判の表面に書かれた金座後藤家の墨書きに6種類が存在し、それぞれに価値が違います。

とくに初期の寿乗による墨書きは貴重品です。

とても高価なものなので、売る場合もしっかりお店選びをしないと、数万円単位で損をしてしまう可能性があります。

享保大判金の換金を検討であれば、専門知識のある古銭買取業者に依頼することが重要です。

1 2 3
高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ