最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > ブログ > 【500円札】買取店おすすめランキング

【500円札】買取店おすすめランキング

500円札買取店おすすめランキング
2021.03.13

500円というと、硬貨のイメージがありますが、昭和56年、つまり今から37年前までは、500円というと紙幣の時代がありました。
恐らく、私の親世代は見慣れた紙幣だったのではないでしょうか。

500円紙幣が初めて登場したのは、昭和26年のことでした。
この紙幣は「日本銀行B号500円」と呼ばれています。

表面の肖像画には岩倉具視、裏面には富士山の絵が描かれています。
黄色みがかったこの500円札は、昭和46年まで日本銀行から払い出しをされました。

そして、昭和44年に「日本銀行C号500円」が発行されました。
図案はB号券と同様、岩倉具視と富士山です。

そして、その後、昭和57年に500円硬貨が発行され、紙幣から硬貨にバトンタッチされることになったのですが、このC号券は平成6年まで日本銀行から払い出しをされていました。

この500円札の価値はどれほどのものでしょうか?
『日本貨幣カタログ』には、販売価格について、このように紹介されていました。

B号券
前期(アルファベット1桁)
未使用 10,000円
極美品 5,000円
美 品 3,000円
並 品 1,000円

前期(アルファベット2桁)
未使用 4,500円
極美品 2,000円
美 品 1,000円

後期
未使用 2,000円
極美品 1,000円
美 品 700円

C号券については、残念ながら販売価格の掲載はありませんでしたが、古銭商さんでの販売価格を確認したところ、1桁未使用などであれば、やはり額面以上の価値が見込めるようです。

500円札はB号、C号ともに有効券ですから、今でも通用可能なお金です。
ですから、もちろん、銀行に持って行けば交換も可能です。
しかし、やはり額面以上の価値があるのであれば、交換するよりも買取店での売却をしたほうが、よりお得だと言えますよね。
そこで、以下に「500円札買取店おすすめランキング」として、ゆきんこおすすめの古銭買取店をピックアップしてみましたので、ぜひ参考になさってみてください。

500円札「買取店おすすめ」ランキング!第1位

ウルトラバイヤー
・査定無料・出張料無料・全国対応
・LINE査定対応・店頭持ち込み対応
・宅配買取対応(送料、査定料、梱包キット無料)
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK

ゆきんこは出張買取を利用しています。
電話をしたらすぐに査定に来てくれますし、玄関だけでやり取りができるので気楽に依頼ができます。
査定員さんは優しくて丁寧な方ばかりなので、高額査定に繋がる話もしやすいです。
古銭以外も買取可能なので、不要品をまとめてから査定をお願いすれば、高額になりやすいこともメリットだと思います。

「なぜウルトラバイヤーを1位にしたのか」詳しくはこちらの記事でご紹介しています。
ぜひご覧ください!

<<「ウルトラバイヤー」をおすすめする理由


 

500円札「買取店おすすめ」ランキング!第2位

最速買取123
・査定無料・出張料無料・全国対応
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK

宅配やLINEなどを利用した査定はありませんが、その分、鑑定士さんの目でしっかりと見てもらえるということが魅力です。

 

500円札「買取店おすすめ」ランキング!第3位

絶対高価買取宣言!買取専門店【乙吉】
・査定無料・出張料無料・全国対応
・宅配買取対応・店頭持ち込み対応
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK

他のお店でも、もちろん対応されていることですが、「8日間の完全返品保証を実施」というクーリングオフ制度について、返金までの手順がサイトに明記されているところに安心感があります。

 

500円札「買取店おすすめ」ランキング!第4位

スピード買取.jp
・査定無料・出張料無料・全国対応
・宅配買取対応(返送は着払い)・店頭持ち込み対応
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK

女性限定のサービスとして、出張買取の際、女性査定員が指名可能です。
家に男性が来るのが不安・・・という古銭女子にも安心です。
スピード買取

 

500円札「買取店おすすめ」ランキング!第5位

金貨・古銭・記念コイン買取 福ちゃん
・査定無料・出張料無料・全国対応
・Web査定対応・LINE査定対応
・宅配買取対応(送料、査定料、梱包キット無料)(返送は着払い)
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK

宅配買取でのキャンセルは着払いとなりますが、スマホでも依頼可能のWeb査定、LINE査定もありますから、「写真を送って査定」→「買取依頼」という手順を踏むことで、そのデメリットも解消できます。

 
関連ブログ
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ