最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 穴銭・絵銭 > その他の穴銭 > 貞享通宝(じょうきょうつうほう)

貞享通宝(じょうきょうつうほう)

貞享通宝(じょうきょうつうほう)

貞享通宝(じょうきょうつうほう):表 貞享通宝(じょうきょうつうほう):裏 希少価値★★★★☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 貞享元年 / 1684年 / 江戸時代
素 材

江戸幕府の5代将軍、徳川綱吉の時代、天和4年2月21日、讖緯説で政治上の変革が起こるとされる甲子革令に当たるため、その厄災を避ける目的で、元号が貞享と改元されました。

この年に鋳造された銀銭が貞享通宝です。

表面には「貞享通寶」、背面には「甲子」の文字が刻印されています。

この銀銭は、試鋳銭にとどまったため、現存数も少なく、価値のある古銭と言えます。

貞享通宝をお売りになりたい方は、古銭買取専門店をご利用するのが最もおすすめです。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ