最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 10,000〜49,999円

10,000〜49,999円

[日本銀行券C号]聖徳太子1万円

[日本銀行券C号]聖徳太子1万円:表 [日本銀行券C号]聖徳太子1万円:裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 昭和33年 / 1958年 /
素 材

聖徳太子万円札C号は日本銀行券で最高額の紙幣です。初の一万円券として発行されると、高度経済成長の一端を担い広まりました。表には聖徳太子が刻まれ、法隆寺夢殿の透かしがはいっています。C号券とも呼ばれます。通常は一万円前後で取引されることが多い品ですが、美品や一桁ナンバー、ぞろ目、ミスプリントなどは高額になる可能性もあります。数万円から数十万円の価値になることもあるので、気になるようなら専門家にみてもらいましょう。

小型50銭銀貨(こがた50せんぎんか)

小型50銭銀貨(こがた50せんぎんか):表 小型50銭銀貨(こがた50せんぎんか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 1922年 / 大正11年 / 大正時代
素 材

大正11年発行のこの銀貨は、第一次世界大戦後の好景気による銀地金の高騰で失われた銀貨が多く、小銭不足でしたが、大正9年をピークに大正10年頃には銀価格が安定しましたので、改めて作られた銀貨です。デザインは表面が鳳凰(フェニックス)であることから鳳凰50銭銀貨とも呼ばれています。銀貨でありながら発行数が非常に多いため入手が容易でコレクターには人気があります。換金をお考えの際は、実績のあるコイン買取業者にご相談ください。

貞享通宝(じょうきょうつうほう)

貞享通宝(じょうきょうつうほう):表 貞享通宝(じょうきょうつうほう):裏 希少価値★★★★☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 貞享元年 / 1684年 / 江戸時代
素 材

江戸幕府の5代将軍、徳川綱吉の時代、天和4年2月21日、讖緯説で政治上の変革が起こるとされる甲子革令に当たるため、その厄災を避ける目的で、元号が貞享と改元されました。この年に鋳造された銀銭が貞享通宝です。表面には「貞享通寶」、背面には「甲子」の文字が刻印されています。この銀銭は、試鋳銭にとどまったため、現存数も少なく、価値のある古銭と言えます。貞享通宝をお売りになりたい方は、ぜひ、古銭買取専門店をご利用ください。

琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ)

琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ):表 琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 文久3年 / 1863年 / 江戸時代
素 材

琉球通宝半朱とは、琉球の救済を目的として、薩摩藩によって鋳造された地方貨幣の一種です。円形に四角い穴を持つ銅銭で、32枚で1両として通用しました。刻印は両面ともに篆書体が用いられ、表面には「琉球通寶」、裏面には「半朱」と記されており、側面には薩摩藩で鋳造されたことを示す「サ」の字が刻印されています。琉球通宝は、字形の差によっても価値が変わりますので、換金をお考えの場合には、古銭買取のお店にご相談ください。

金円世宝(きんえんよほう)

金円世宝(きんえんよほう):表 金円世宝(きんえんよほう):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 文明2年 / 1470年頃 / 室町時代
素 材

金円世宝とは、琉球王国の尚円王時代の銅銭で、その鋳造目的は、日明貿易で用いられた永楽通宝の不足をまかなうためであったようです。表面には「金円世寶」と刻印されており、裏面は無紋です。「大世通宝」、「世高通宝」、とともに、「琉球三世銭」とも呼ばれています。金円世宝の鋳造枚数自体、あまり多くはなかったようですので、貴重な古銭といえます。換金をお考えで、相場や価値がわからずご不安の場合には、古銭買取専門のお店にご相談ください。

慶長通宝(けいちょうつうほう)

慶長通宝(けいちょうつうほう):表 慶長通宝(けいちょうつうほう):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 慶長11年 / 1606年 / 江戸時代
素 材

慶長通宝は、それまで広く流通していた永楽通宝に代わる銭貨として、江戸幕府により鋳造されたと言われています。幕府により一から製造された鋳型により鋳造された物と、永楽通宝から「永楽」の文字を削って改造した物を鋳型とした私鋳銭が存在し、その鋳造方法や書体などにより、古銭としての価値に大きな差があります。ですので、慶長通宝をお売りになる場合、古銭買取の専門店にお持ち込みいただくことがとても重要です。

一厘銅貨(いちりんどうか)

一厘銅貨(いちりんどうか):表 一厘銅貨(いちりんどうか):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 1873年 / 明治6年 / 明治時代
素 材亜鉛

新貨条例施行に伴い、明治3年(1870年)に銅貨の製造が開始されましたが製造所が完成されていなかったため試作品のみとなりました。明治6年(1873年)改めて一厘硬貨の製造が始まりました。通品は安価で取売買されるのですが価格差が大きく、特に明治8年(後期)から明治13年までは発行枚数が少ないため希少な古銭です。買取の際にはよく調べて、時には専門家に任せた方がよいでしょう。

二十銭銀貨幣 旭日 (にじゅっせんぎんかへい きょくじつ)

二十銭銀貨幣 旭日 (にじゅっせんぎんかへい きょくじつ):表 二十銭銀貨幣 旭日 (にじゅっせんぎんかへい きょくじつ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治時代
素 材

明治39年(1906年)、銀相場が上昇に転じたことで銀を約25%減量し、龍図を日章に変更する改正が行われました。その時に発行されたのが20銭銀貨幣(旭日)です。通品は数千円で取引されることが多い古銭ですが、特に明治44年に発行された品は数が出回っておらず、愛好家の間で人気があります。買取となると数十万円の価値があるものもあり、慎重にしらべてから換金をした方がよいでしょう。

[旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん )

[旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん ):表 [旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん ):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治15年 / 1882年 / 明治時代
素 材

日本銀行券は、明治15年に発行された、日本で初めての中央銀行による紙幣です。お札の表面に大黒様が描かれていることから、古銭のコレクターからは「大黒札」とも呼ばれています。日本銀行券ですから、1円札については現在でも使用可能な紙幣ではあるのですが、古銭としての価値は、その額面をはるかに超えるものです。もしも日本銀行券の換金をお考えの場合には、古銭買取の専門業者にご相談いただくことをおすすめいたします。

太政官札(だじょうかんさつ)

太政官札(だじょうかんさつ):表 太政官札(だじょうかんさつ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治元年 / 1872年 /
素 材

太政官札とは、明治元年に明治政府により発行された紙幣で、10両、5両、1両、1分、1朱の5種類の金種がありました。当初は13年間の発行期限でしたが、成立したばかりの新政府の信用をよりどころにする紙幣であることや、偽札が出回ったことによって受け入れられなくなり、明治12年までに新紙幣などへの交換が行なわれました。交換されず民間に残った太政官札は、古銭として価値のある物になっていますので、古銭商などの古銭買取業者で売ることができます。

1 2 3

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ