最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > ブログ > 東京オリンピック開催をみんなで応援しよう!

東京オリンピック開催をみんなで応援しよう!

2021.03.20

東京オリンピック開催をみんなで応援しよう!

まだ3年、されど3年!あっと言う間にオリンピックイヤーはやってきます。

既に企業や団体がオリンピックの開催を様々な方法で応援し、盛り上げていますが、私たち一人ひとりにも、オリンピックの開催を助ける方法があることを、皆さんはご存じですか?

それはなんと・・・
不要になった携帯・スマホを寄付するということなんです!

 

不要になった携帯・スマホが○○に!?

出典 ウィキペディア

「え~?携帯の寄付がどうして応援になるの??」って思いますよね。
実は、携帯やスマホなどの電子機器の部品には、金、銀、銅などの貴金属が使われているのですが、その金属を再利用して、選手に授与するためのメダルを作るんだそうです!

この取り組みは、2016年に開催されたリオオリンピックで初めて導入されたもので、今回、同様の取り組みを日本でも行うことになったというわけなんです。

これは、「オリンピック・アジェンダ2020 20+20 提言」という、2014年12月にモナコで行われた第127次IOC総会において採択された40の提言の中にある「提言4オリンピック競技大会のすべての側面に持続可能性を導入する」という項目にのっとって行われるようになった取り組みです。

そこにはこのように書かれています。

持続可能性に関する戦略を前進させ、オリンピック競技大会の潜在的な開催都市と実際の大会開催都市を統合する。さらに、各都市のプロジェクトのあらゆる段階で、経済、社会、環境の各領域を包含する持続可能性の施策を設ける。

電子機器からの貴金属回収は、オリンピック開催を持続していくための取り組みの一つですが、それと同時に、地球環境への配慮という意識も広がるとてもすばらしいアイデアですね。

日本オリンピック委員会(JOC)はオフィスや通信事業会社の店舗に回収ボックスを4月から設置するそうです。

皆さんもオリンピック開催を助けるため、このプロジェクトに参加してみませんか?

自分の使っていた携帯から取り出された貴金属が、オリンピックの金メダルになるかもしれないなんて、夢のある話ですよね。

 

コインコレクターならではの応援方法!

開催を助ける方法は携帯やスマホの寄付だけじゃないんですよ。
オリンピック開催を記念して発行されるコインを買うのも、オリンピックの開催や運営を応援することになるんです。

私たちコインコレクターは、この方法でも応援できますね。
「東京2020オリンピック競技大会記念貨幣(リオ2016-東京2020 オリンピック競技大会開催引継記念)」は既に販売完了となっていますが、オリンピック関連の記念貨幣はまだまだ発行される予定ですから、発表がありしだい、ブログで紹介していきたいと思います。

 


それぞれ、いろいろな方法でオリンピックを盛り上げていきたいですね!

 
関連ブログ
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ