最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > ブログ > 世界一大きい金貨は予想以上に大きかった!

世界一大きい金貨は予想以上に大きかった!

世界で一番大きいお金
2017.01.25

世界一大きい金貨は予想以上に大きかった!

皆さん、突然ですが問題です!

この額面100万ドルの金貨・・・

どれぐらいの重さがあると思いますか?

世界最大の金貨「Australian Kangaroo One Tonne Gold Coin」

出典:perthmint.go-jin.com

正解は・・・なんと1トン!

 

この金貨はカンガルー金貨で有名なオーストラリア・パース造幣局が、2012年、パースで行われた首脳会議にエリザベス女王が出席したことを記念して作った物で、今現在、世界最大の金貨なんです。

世界最大の金貨「Australian Kangaroo One Tonne Gold Coin」

こちらはパース造幣局の局長さん。

そして、通常サイズのカンガルー金貨と一緒に写っている写真です。

どうでしょう? その大きさがよくわかりますよね。

世界最大の金貨「Australian Kangaroo One Tonne Gold Coin」

出典:perthmint.go-jin.com

  • 重さ 1トン
  • 直径 80㎝
  • 厚さ 12㎝

このように台座へ立てるには、当然ながらクレーンを使うのだそうですが、この金貨は99.99%以上という純度の金を使って鋳造しているので、単純に見積もっても48億円以上の価値があるということですから、設置作業をする人も、さぞやドキドキすることでしょうね。

 

鋳造の様子は、こちらの動画からご覧いただけます。

実物はパース造幣局で見ることができるので、オーストラリア観光の際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

日本最大の金貨「天正長大判金」

ところで、巨大な金貨の歴史をたどると、かつての黄金の国・日本だって負けてはいないんですよ。

なんと、元祖巨大金貨は日本にあったんです!

それは「天正長大判金」と呼ばれる大判です。

天正長大判金(てんしょうながおおばん)

この大判は、安土桃山時代、豊臣秀吉によって作られた大判で、大阪の造幣博物館に展示されている物は、縦が17センチあるそうです。

2004年に31㎏の「ウィーン金貨ハーモニー1000オンス」が作られるまで、表面積において世界で一番大きな金貨という記録を保持していたんですよ。

 

秀吉の時代、大判は1枚で40石から50石(現代の価値で300万円から375万円ぐらいだそうです)の価値があり、主に褒賞として与えるため作られていましたが、通常の貨幣と同様、大口の支払いなどにも用いられていたそうです。

ですから、「実際に利用されていた金貨の中で最大」として考えるならば、「天正長大判金」が世界一大きな金貨である、と言えるかもしれませんね。

 

今後、1トンの記録をやぶる金貨が出てきたら、それはどんな金貨なのでしょうか?

想像するだけで、わくわくしてしまいますね。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ