最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > ブログ > 昭和天皇御在位60年記念100,000円金貨の価値は?

昭和天皇御在位60年記念100,000円金貨の価値は?

2021.03.15

昭和天皇御在位60年記念100,000円金貨の価値は?

日本で初めての記念金貨である「昭和天皇御在位60年記念100,000円金貨」は、昭和61年と昭和62年に発行されました。
今から30年前ということですから、意外と最近のことなんですね。

出典 apmex.com

さらに昭和62年発行の物は一部がプルーフ貨幣(鏡面仕上げなど、美しく見せるための特殊な加工をした貨幣)として発行され、これは一般販売向けとしては初めてのプルーフ金貨となりました。

有名画家平山郁夫さんの美しい絵の描かれたこの金貨・・・
その価値はいかほどなのでしょうか?調べてみました。

販売価格は?

まずは、販売価格や発行枚数などを『日本貨幣カタログ』で確認してみましょう。

「昭和天皇御在位60年記念100,000円金貨」
直径30ミリ 金1000 20グラム
販売方法は金融機関での引替えで、価格は額面の10万円でした。

●昭和61年11月10日発行分 10,000,000枚(実際に流通したのは910万枚)
金貨単独・完全未使用 140,000円

●昭和62年5月13日発行分 1,000,000枚
金貨単独・完全未使用品 150,000円
金貨単独・箱入り 200,000円(8,308枚発行。当時の販売価格は117,300円)
プルーフ金貨(箱入り) 140,000円(124,000枚発行。当時の販売価格は126,500円)

3,296セット発行の昭和61年と昭和62年の金貨セットもあり、現在の販売価格は、なんと・・・700,000円と書かれていました。

昭和61年と昭和62年の金貨セット

出典 造幣局

このほかにも銀貨と白銅貨とのセット販売など、販売方法がいろいろあるのですが、今回は「金貨単独(箱なし)」での買取価格を調べてみたいと思います。

買取価格は?

ネットで公開されている買取価格を調べてみたのですが、かなり厳しい結果となりました。

多くのお店が買取不可、銀行での換金をおすすめしているのです。
買取り価格を出しているお店もいくつかあったのですが、74,800円~93,900円と、やはり額面を下回っている状態でした。

現在の金価格は1グラム約4,400円となっていますから、20グラムであれば大体88,000円ということになります。
つまり、金の価値が額面の10万円を下回っているということが理由にあるようです。

2000年以降、金の価格は上昇傾向にあり、2013年には5,000円を超えるということもありましたから、金貨単独の場合はしばらく寝かせておくのがいいかもしれませんね。

 
関連ブログ
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ