最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > ブログ > 【小判】買取店おすすめランキング

【小判】買取店おすすめランキング

小判買取店おすすめランキング
2021.03.25

小判とは、主に江戸時代に流通した日本の金貨です。
江戸時代に鋳造された物と、それ以前に鋳造された2種類があり、それぞれ大きさや金の含有量などもさまざまです。

江戸時代以前の小判


駿河墨書小判

武蔵墨書小判

江戸時代の小判


左から、慶長小判、元禄小判、宝永小判、正徳小判、享保小判、元文小判、文政小判、天保小判、安政小判、万延小判。
一番小さい万延小判は縦が4センチほどで、「雛小判」とも呼ばれます。

小判に使われている金の含有量は、最も高いもので約87%、最も低い物で約56%だそうです。
現在使われている、金の純度を表す単位である1K=4.17%なので、小判をその単位で強引に表すならば、13K〜20K程となります。
しかし、もちろん、小判は貴金属としての価値だけでなく、骨董品、美術品として、価値が非常に高いものです。

では、小判がいったいどれほどの価値で取引をされているのか『日本貨幣カタログ』から販売価格を見てみましょう。

上で紹介した江戸時代中に鋳造された10種類の小判の中で、最も価値が高いと思える物は、発行期間の最も短い聖徳小判でした。


聖徳小判 230万円〜400万円

(2種類の墨書小判については掲載がありませんでしたが、これらは非常に希少な小判なので、見つかったなら大発見になるかもしれません・・・!)

大きさの問題もありますが、最もリーズナブルと思える小判は万延小判でした。


万延小判 10万円〜20万円

また、小判の価値を見極めるチェックポイントの一つとして、裏面の左下に打たれている刻印があります。
刻印が「大吉」「小吉」などになっている小判であれば、価値が数倍にアップします。
さらに「筋神」、「利神」、「高神」、「又神」であれば、佐渡で鋳造された佐渡小判という物になり、350万円〜650万円の価値です。

さて、この貴重な小判を買取してもらいたいけれども、近くに古銭を取り扱う専門店がない場合、どうすればいいのでしょうか?

ご安心を!

おうちにいながら専門家の査定を気軽に利用できるお店を「小判買取店おすすめランキング」としてご紹介します。
どうぞ参考になさってみてくださいね。

小判買取店おすすめランキング!第1位

ウルトラバイヤー
・査定無料・出張料無料・全国対応
・LINE査定対応・店頭持ち込み対応
・宅配買取対応(送料、査定料、梱包キット無料)
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK

ゆきんこは出張買取を利用しています。
電話をしたらすぐに査定に来てくれますし、玄関だけでやり取りができるので気楽に依頼ができます。
査定員さんは優しくて丁寧な方ばかりなので、高額査定に繋がる話もしやすいです。
古銭以外も買取可能なので、不要品をまとめてから査定をお願いすれば、高額になりやすいこともメリットだと思います。

「なぜウルトラバイヤーを1位にしたのか」詳しくはこちらの記事でご紹介しています。
ぜひご覧ください!

<<「ウルトラバイヤー」をおすすめする理由

 

小判買取店おすすめランキング!第2位

最速買取123
・査定無料・出張料無料・全国対応
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK
宅配やLINEなどを利用した査定はありませんが、その分、鑑定士さんの目でしっかりと見てもらえるということが魅力です。

 

小判買取店おすすめランキング!第3位

絶対高価買取宣言!買取専門店【乙吉】
・査定無料・出張料無料・全国対応
・宅配買取対応・店頭持ち込み対応
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK
他のお店でも、もちろん対応されていることですが、「8日間の完全返品保証を実施」というクーリングオフ制度について、返金までの手順がサイトに明記されているところに安心感があります。

 

小判買取店おすすめランキング!第4位

スピード買取.jp
・査定無料・出張料無料・全国対応
・宅配買取対応(返送は着払い)・店頭持ち込み対応
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK

女性限定のサービスとして、出張買取の際、女性査定員が指名可能です。
家に男性が来るのが不安・・・という古銭女子にも安心です。

 

小判買取店おすすめランキング!第5位

古銭・古紙幣・金貨・記念コイン買取ならお任せ下さい!【福ちゃん】
・査定無料・出張料無料・全国対応
・Web査定対応・LINE査定対応
・宅配買取対応(送料、査定料、梱包キット無料)(返送は着払い)
・1点からOK・査定だけOK・キャンセルOK

宅配買取でのキャンセルは着払いとなりますが、スマホでも依頼可能のWeb査定、LINE査定もありますから、「写真を送って査定」→「買取依頼」という手順を踏むことで、そのデメリットも解消できます。

 

 
関連ブログ
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ