最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 希少度1 ★☆☆☆☆

希少度1 ★☆☆☆☆

[在日米軍軍票]A1円券(ざいにちべいぐんぐんひょう えーいちえんけん)

[在日米軍軍票]A1円券(ざいにちべいぐんぐんひょう えーいちえんけん):表 [在日米軍軍票]A1円券(ざいにちべいぐんぐんひょう えーいちえんけん):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 昭和21年 / 1946年 / 昭和時代
素 材

在日米軍 A1円券は大東亜戦争の敗戦後、GHQ(連合軍総司令部)の布告により発行された紙幣です。日本の統治下に合った地域を想定して作られており、朝鮮で使用されました。外国発行の軍票が法定通貨となった唯一の事例です。市場で見かけることが多く、買取価格はあまり高くならない傾向にあります。千円から二千円ぐらいが相場です。しかし歴史的な価値はあるため、今後価格が高くなる可能性はあります。

[政府紙幣]靖国50銭(せいふしへい やすくに50せん)

[政府紙幣]靖国50銭(せいふしへい やすくに50せん):表 [政府紙幣]靖国50銭(せいふしへい やすくに50せん):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 昭和17年 / 1942年 / 昭和時代
素 材

日中戦争が始まると紙幣を増産しなくてはいけなくなりました。必要に迫られて製造された紙幣のひとつが靖国五拾銭です。表には靖国神社が描かれており、当時の時世を反映した政治色の強いデザインとなっています。流通量が多いためか、買取価格は低く、通常数百円程度で売買されています。極美品でも数千円ほどです。他の古銭と一緒に買い取ってもらうなど工夫が必要かもしれませんが、歴史的にも珍しい品なので手元に置いておくのもよいでしょう。

菊十銭アルミ貨(きく10せんあるみか)

菊十銭アルミ貨(きく10せんあるみか):表 菊十銭アルミ貨(きく10せんあるみか):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 昭和15年 / 1940年 / 昭和時代
素 材アルミ

昭和16年の太平洋戦争で、戦略物資としての銅を確保するためにアルミ100%のこの硬貨が作られました。表が菊の紋章と枝葉、裏が桜の花になっています。戦争が長期化してさらに深刻な金属不足となり、ついにアルミニウムの確保のため、昭和16年8月と昭和18年2月に貨幣の量目が変更され、その昭和18年銘を最後に製造が中止になりました。この2度にわたる量目変更により3種類の量目の異なるバージョンがありますので換金の際は専門業者へご相談ください。

 

【時代】

カラス 一銭黄銅貨(からす 1せんおうどうか)

カラス 一銭黄銅貨(からす 1せんおうどうか):表 カラス 一銭黄銅貨(からす 1せんおうどうか):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 昭和13年 / 1938年 / 昭和時代
素 材亜鉛

この一銭黄銅貨は、昭和12年の支那事変の影響を強く受けています。これまでの青銅貨で使用された錫は軍事上重要な金属であったため、この新貨幣の素材は、青銅から黄銅へと変更され、戦中貨幣のトムバック黄銅と呼ばれる赤っぽい素材が使用されています。 デザインは表面が波と八稜鏡に菊と桐の紋章、裏面は桜花の背景に八咫カラスです。カラスの印象が強いため、一般に「カラス一銭黄銅貨」の名称で呼ばれています。換金の際は専門業者へご相談ください。

稲五銭白銅貨(いねごせんはくどうか)

稲五銭白銅貨(いねごせんはくどうか):表 稲五銭白銅貨(いねごせんはくどうか):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 昭和16年 / 1941年 / 昭和時代
素 材アルミ

太平洋戦争で航空機の重要性が高まり、軽いアルミニウム素材の需要が増したため、カラス一銭アルミ貨の量目を減らして、この硬貨が発行されました。表面が菊の紋章、富士山、瑞雲で、裏面は左右が逆になったような漢字の「一」の文字で、当時の大蔵大臣河田蔵相によるもののようです。昭和18年には五銭、十銭アルミニウム貨と同様にさらに重量が0.65gから0.55gへと減り、やがて製造中止となりました。この硬貨の換金の際は専門業者へご相談ください。

富士一銭アルミ貨(ふじ1せんあるみか)

富士一銭アルミ貨(ふじ1せんあるみか):表 富士一銭アルミ貨(ふじ1せんあるみか):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 1941年  / 昭和16年 / 昭和時代
素 材アルミ

太平洋戦争で航空機の重要性が高まり、軽いアルミニウム素材の需要が増したため、カラス一銭アルミ貨の量目を減らして、この硬貨が発行されました。表面が菊の紋章、富士山、瑞雲で、裏面は左右が逆になったような漢字の「一」の文字で、当時の大蔵大臣河田蔵相によるもののようです。昭和18年には五銭、十銭アルミニウム貨と同様にさらに重量が0.65gから0.55gへと減り、やがて製造中止となりました。この硬貨の換金の際は専門業者へご相談ください。

十銭アルミ青銅貨(10せんあるみせいどうか)

十銭アルミ青銅貨(10せんあるみせいどうか):表 十銭アルミ青銅貨(10せんあるみせいどうか):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 1938年 / 昭和13年 / 昭和時代
素 材アルミ

昭和12年の日中戦争以来ほぼ戦時体制下となり、ニッケル貨の製造は中止されました。その代用としてアルミニウムと銅の合金が使用されました。デザインは表面は菊の紋章・波浪と旭日、裏面は桜花です。材質としてのアルミ青銅はフランスの発行例に倣ったもので、戦時貨幣の材質として世界各国で流行っていたようです。新しいものは金貨のような光沢があり人気がありました。換金をお考えの際は、買取実績のある専門のコイン買取業者にご相談ください。

淳熙元宝(じゅんきげんぽう)

淳熙元宝(じゅんきげんぽう):表 淳熙元宝(じゅんきげんぽう):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 淳熙元年 / 1190年 / 鎌倉時代
素 材

淳熈元宝とは、南宋の第2代皇帝孝宗の時代に鋳造された銭貨です。南宋で鋳造された銭貨の背面には、鋳造された年数が刻印されているため、南宋番銭と呼ばれ、コレクターから親しまれていますが、この銭貨は七から始まり、十六までが存在します。真書、篆書、隷書体があり、物によっては5,000円から1万円以上の価値で取引がされています。人気のある古銭ですので、お売りになる際は、古銭買取の専門店に依頼するのがよいでしょう。

太平通宝(たいへいつうほう)

太平通宝(たいへいつうほう):表 太平通宝(たいへいつうほう):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 太平興国元年 / 976年 / 平安時代
素 材

太平通宝とは、太平興国元年、北宋の第2代皇帝太宗の時代に鋳造された銅銭で、銭貨が不足していた日本に輸出され、渡来銭としても利用されていました。表面には「太平通寶」と刻印され、裏面は無紋です。太平通宝には、北宋で鋳造され通用していた銭貨とは別に、絵銭や、私鋳された鐚銭などもあり、また、書体や状態によっては、非常に希少で、価値の高い物もありますので、換金をする場合には、ぜひ、古銭買取の専門業者をご利用ください。

太平通宝(たいへいつうほう)

太平通宝(たいへいつうほう):表 太平通宝(たいへいつうほう):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 太平興国元年 / 976年 北宋時代 / 平安時代
素 材

太平通宝とは、太平興国元年、北宋の第2代皇帝太宗の時代に鋳造された銅銭で、銭貨が不足していた日本に輸出され、渡来銭としても利用されていました。表面には「太平通寶」と刻印され、裏面は無紋です。太平通宝には、北宋で鋳造され通用していた銭貨とは別に、絵銭や、私鋳された鐚銭などもあり、また、書体や状態によっては、非常に希少で、価値の高い物もありますので、換金をする場合には、ぜひ、古銭買取の専門業者をご利用ください。

1 2 3 4

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ