最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > '江戸'の検索結果

江戸 | 古銭価値一覧 - Part 9

藩札 越前福井藩(はんさつ えちぜんふくいはん)

江戸時代の日本では、貨幣不足を補う等の目的で、各藩独自の紙幣が発行されていました。 その中でも、初期に発行をされた物が、越前福井藩発行の銀拾匁札です。 その材料としては、五箇村ですかれた越前和紙が利用さていました。 越前 […]

太政官札(だじょうかんさつ)

太政官札とは、明治元年に明治政府により発行された紙幣で、10両、5両、1両、1分、1朱の5種類の金種がありました。 当初は13年間の発行期限でしたが、成立したばかりの新政府の信用をよりどころにする紙幣であることや、偽札が […]

攵久永寳 草文(ぶんきゅうえいほう そうぶん )

江戸時代の幕末に流通した文久永宝には、主に三つの書体があることが知られています。 その書体の一つとして、草文と呼ばれる物があります。 この書体は、老中の板倉勝静が書いたもので、「文」の文字が草書体の「攵」であることと、「 […]

文久永寶 真文(ぶんきゅうえいほう しんぶん )

文久永寶とは、江戸時代に流通した銭貨です。 文久永寶には、主に三つの書体があることが知られています。 その書体の一つが真文と呼ばれる物になります。 この書体は、若年寄の小笠原長行が書いたものと伝えられており、見分け方とし […]

攵久永宝 略宝(ぶんきゅうえいほう りゃくほう)

文久永宝には、分類として、主に3種類の書体が存在します。 その書体の一つが、略宝と呼ばれる物で、松平慶永の筆とされています。 略字の「宝」が使われていて、そこで見分けることができます。 文久永宝はありふれた古銭ではありま […]

薩摩藩 横郭 仰冠當(さつまはん おうか ぎょうかんとう )

現代であれば大問題の偽造貨幣ですが、古銭の世界では価値をもつ場合があります。 中心に開いた穴が横郭、つまり横長である、通称「ガマ口」と呼ばれる、薩摩藩による天保通宝の密鋳銭もその一つです。 仰冠當とは、背面に書かれた「當 […]

水戸藩鋳銭 短足寳(みとはん たんそくほう)

江戸幕府は、各藩での天保通宝の鋳造を禁止していましたが、水戸藩は幕府に認められ、正式な天保通宝の鋳造を行なっていたようです。 短い鋳造期間であったにもかかわらず、その分類は多種多様です。 その中の一つである短足寳は、文字 […]

高知藩(こうちはん)

天保通宝には、各藩により密鋳された物が多く存在します。 額輪短尾通と呼ばれる天保通宝は、その書体の枝銭が見つかったことにより、高知藩で密鋳されたことが確定しています。 額輪とは、銭貨に書かれている文字よりも輪の高さが高い […]

本座 長郭(ほんざ ちょうかく)

本座銭とは、江戸時代末期の天保6年から鋳造された小判型の貨幣で、本座とは、この貨幣を鋳造する中心となった金座のことを指しています。 盗鋳、民鋳が相次ぎ、その価値は下がったものの、明治に入っても通用していました。 その中で […]

秋田藩 広郭(あきたはん こうかく)

保通宝の中で、藩鋳銭と呼ばれる物は、本来は鋳造の権利のない各藩が秘密裏に鋳造した、いわば、偽造通貨です。 秋田藩鋳銭も、その例にもれず、密鋳された銭貨で、裏に描かれた花紋が大きめであることが特徴です。 広郭というのは、中 […]

1 5 6 7 8 9 10 11 12
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ