最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > '江戸'の検索結果

江戸 | 古銭価値一覧 - Part 2

水戸藩鋳銭 短足寳(みとはん たんそくほう)

江戸幕府は、各藩での天保通宝の鋳造を禁止していましたが、水戸藩は幕府に認められ、正式な天保通宝の鋳造を行なっていたようです。 短い鋳造期間であったにもかかわらず、その分類は多種多様です。 その中の一つである短足寳は、文字 […]

高知藩(こうちはん)

天保通宝には、各藩により密鋳された物が多く存在します。 額輪短尾通と呼ばれる天保通宝は、その書体の枝銭が見つかったことにより、高知藩で密鋳されたことが確定しています。 額輪とは、銭貨に書かれている文字よりも輪の高さが高い […]

本座 長郭(ほんざ ちょうかく)

本座銭とは、江戸時代末期の天保6年から鋳造された小判型の貨幣で、本座とは、この貨幣を鋳造する中心となった金座のことを指しています。 盗鋳、民鋳が相次ぎ、その価値は下がったものの、明治に入っても通用していました。 その中で […]

秋田藩 広郭(あきたはん こうかく)

保通宝の中で、藩鋳銭と呼ばれる物は、本来は鋳造の権利のない各藩が秘密裏に鋳造した、いわば、偽造通貨です。 秋田藩鋳銭も、その例にもれず、密鋳された銭貨で、裏に描かれた花紋が大きめであることが特徴です。 広郭というのは、中 […]

世界一大きい金貨は予想以上に大きかった!

世界一大きい金貨は予想以上に大きかった! 皆さん、突然ですが問題です! この額面100万ドルの金貨・・・ どれぐらいの重さがあると思いますか? 正解は・・・なんと1トン!   この金貨はカンガルー金貨で有名なオ […]

開元通宝(かいげんつうほう)

開元通宝とは、中国の唐代に鋳造された貨幣です。 これをお手本に、日本で和同開珎が作られました。 現在では、上下、右左に「開元通宝」と読みますが、当時は、和同開珎同様に、時計回りで「開通元宝」と読んでいたようです。 開元通 […]

寳永通寳(ほうえいつうほう)

寳永通寳は、江戸時代に京都で鋳造された銅銭で、当時の人々には大銭と呼ばれていました。 表面には「寳永通寳」と記され、背面には「永久世用」と刻まれていますが、この銭貨自体の流通期間は、1年間という非常に短いものでした。 寳 […]

元和通寳(げんなつうほう)

元和通寶は、江戸時代に鋳造された銭貨です。 この銭貨には公式な記録がなく、どういった理由で、どの程度の枚数が鋳造されたのか、また、本当に江戸幕府により鋳造されたのかも、まだはっきりとはわかっていません。 市場での流通枚数 […]

永楽通宝(えいらくつうほう)

永楽通宝とは、明で鋳造された貨幣です。 日本には日明貿易によってもたらされました。 慶長13年に江戸幕府から通用禁止令が出されますが、それ以降も寛永通宝などに混じって利用されていたようです。 また、この貨幣は、織田信長が […]

鐚銭(びたせん・びたぜに)

鐚銭とは、室町時代から江戸時代の日本で、渡来銭や皇朝銭をそのまま型に用いるなどして、私的に鋳造され、流通していた貨幣のことを指しています。 文字が判読できない物や、縁がつぶれている物、一回り小さい物など、よく言えば趣のあ […]

1 2 3 4 5 6 12
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ