最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 昭和時代(1926~1989)

昭和時代(1926~1989)

法幣(ほいへい)

法幣(ほいへい):表 法幣(ほいへい):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 1935年 / 昭和時代
素 材

法幣は中華民国蒋介石政権から1935年11月3日の幣制改革によって政府系銀行が発行した銀行券(不換紙幣)のことです。

中国の法定貨幣として流通しました。蒋介石政権以外の政権からは旧法幣と呼ばれました。

法幣の発行により500年に亘る銀本位制が収束しましたが、大量に発行したことに起因しハイパーインフレを誘発しました。

古銭などを取り扱っているお店で販売しているものもありますが、レプリカも多いようなので、古銭買取のプロの鑑定士に正しい価値を判断してもらうのが確実だと言えます。

インドシナ貿易銀(いんどしなぼうえきぎん)

インドシナ貿易銀(いんどしなぼうえきぎん):表 インドシナ貿易銀(いんどしなぼうえきぎん):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 1885年 / 明治時代大正時代昭和時代
素 材

当時フランスが、安南、カンボジアおよびラオス王国を保護国としてインドシナ東部を領有していました。

1885年よりメキシコ銀への対抗手段として造られましたが、広く流通することはありませんでした。

買取価格は通常数千円で取引されることが多く、未使用、並年号などになると一万円をこえることもあります。

あまり価格が高騰しない分、古銭のことを知らない人でも手をだしやすく、気軽に取引しやすい硬貨ともいえます。

硬貨の買取額はお店によって差がありますので、価値の評価をだせる鑑定士へ依頼するようにしましょう。

一銭アルミ貨(いっせんあるみか)

一銭アルミ貨(いっせんあるみか):表 一銭アルミ貨(いっせんあるみか):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 昭和13年 / 1938年 / 昭和時代
素 材アルミ

昭和13年に発行された1銭アルミ貨は1銭黄銅貨の代わりとして造られました。

というのも、戦時下で銅も錫も節約をせまられていたからです。

表にはヤタガラスがデザインされ、日本で初めてのアルミニウム製硬貨で生産性に優れていました。

戦争中ということもあり質も悪く、インフレの世相を反映して大量に製造されました。

そのため古銭としての価値はさほどなく、買取価格も数百円、極美品でも千円程度でしょう。

いざ売るときを考慮して、できるだけ状態を維持して保管しておくのがポイントです。

1 2 3 4 5
高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ