最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 記念コイン > 日本の記念コイン

日本の記念コイン

日本の記念コイン
日本の記念コインのイラスト
日本の記念コインは、2016年時点で数10種類のコインが発行されていますが、有名なものでは、昭和39年発行の東京オリンピック記念コイン(額面1,000円、100円)、昭和61年発行の天皇陛下御即位60年記念コイン(額面100,000円、10,000円、500円)、平成2年発行の天皇陛下御即位記念コイン(額面100,000円、10,000円、500円)、平成5年発行の皇太子殿下御成婚記念コイン(額面50,000円、5,000円、500円)などがあります。

日本の記念コインは、それほど古くないなため、現時点での古銭の価値はあまりなく、古銭の買取市場での価格は高くありませが、現存数が多く集めやすいコインですので、収集の楽しみもあるコインです。

人気のある日本の記念コイン

東京オリンピック記念貨幣(とうきょうおりんぴっくきねんかへい)

東京オリンピック記念貨幣(とうきょうおりんぴっくきねんかへい):表 東京オリンピック記念貨幣(とうきょうおりんぴっくきねんかへい):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 昭和39年 / 1964年 / 昭和時代
素 材

日本で初の記念硬貨となった第18回夏季オリンピック東京大会のコインです。

初の民間委託による製造や初の1000円銀貨の発行など、初づくしのこの記念コインはその後の貨幣収集ブームのきっかけともなり、1000円銀貨は一時期2万円を超える高値にまでなるという人気相場を作りました。

日本の経済発展の象徴といえる歴史的価値の高い硬貨とも言えます。

もしお売りになる予定であれば、美品か並品かというとこともポイントですので、できるだけ綺麗な状態での維持を心がけるようにしましょう。

長野オリンピック記念硬貨(ながのおりんぴっくきねんこうか)

長野オリンピック記念硬貨(ながのおりんぴっくきねんこうか):表 長野オリンピック記念硬貨(ながのおりんぴっくきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 1997年 / 平成9年 / 平成時代
素 材ニッケル

長野オリンピック記念硬貨は9種類の絵柄があり、この500円白銅貨以外にも5000円銀貨と10000円金貨があります。

この500円白銅貨のデザインは3種類あり、表がスノーボード、ボブスレー、フリースタイルが描かれて、1次、2次(1997年)、3次(1998年)と分かれて発行されました。

白銅貨3種類はすべて価値が同等ですがプルーフ貨幣セットにはバリエーションがかなりありますので、お売りになる際は、正確な価値を知るためにも買取実績のある専門の業者にご相談ください。

日本国際博覧会記念硬貨 愛知万博(にほんこくさいはくらんかいきねんこうか あいちばんぱく)

日本国際博覧会記念硬貨 愛知万博(にほんこくさいはくらんかいきねんこうか あいちばんぱく):表 日本国際博覧会記念硬貨 愛知万博(にほんこくさいはくらんかいきねんこうか あいちばんぱく):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成17年 / 2005年 / 平成時代
素 材ニッケル亜鉛

日本国際博覧会記念硬貨は2005年の愛知万博の開催を記念して発行されました。

この「愛知万博500円ニッケル黄銅貨」のほかに1000円銀貨と1万円金貨があります。

表面は地球の上に愛称ロゴを組み合わせたデザイン、裏面はシンボルマークと大地です。

現在は入手しやすい1枚となっておりますので、記念コインの収集を始める方にとても人気のある硬貨です。

お手元のこの硬貨を換金したいとお考えの方は、記念硬貨の買取実績がある専門業者にお問合せすることをおすすめします。

日伯交流年・移住百年記念硬貨(にっぱくこうりゅうねん・いじゅうひゃくねんきねんこうか)

日伯交流年・移住百年記念硬貨(にっぱくこうりゅうねん・いじゅうひゃくねんきねんこうか):表 日伯交流年・移住百年記念硬貨(にっぱくこうりゅうねん・いじゅうひゃくねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成20年 / 2008年 / 平成時代
素 材ニッケル亜鉛

「日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念500円ニッケル黄銅貨」という長い名称のこの記念硬貨は、ブラジル移民が100周年を迎えた2008年に発行されました。

表には日系人の歴史のスタートとなる移民船の笠戸丸とブラジルの地図、裏は桜とコーヒー豆の図案です。

日本独自開発の異形斜めギザ加工技術や潜像などの高度な処理で有名なコレクターに人気です。

額面よりも高く売りたいなら、買取業者によっては500円記念硬貨の買取を受け付けていない所もありますので、事前に買取専門店へ問い合わせや確認しておくと良いでしょう。

天皇陛下御即位記念硬貨(てんのうへいかごそくいきねんこうか)

天皇陛下御即位記念硬貨(てんのうへいかごそくいきねんこうか):表 天皇陛下御即位記念硬貨(てんのうへいかごそくいきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成2年 / 1990年 / 平成時代
素 材ニッケル

1990年に発行された天皇陛下御即位記念500円白銅貨以外に、翌年10万円金貨も発行されました。

こちらの白銅貨の図案は特別御料儀装車が採用され、比較的入手しやすいながらも、これからアンティークとしての価値も期待できることから、10万円金貨とともに人気がある硬貨です。

2点セットの場合はさらにプレミアムがつきますので、もしも買取を希望される場合は、安心して任せられるコイン買取専門の業者に査定してもらえると確かでしょう。

天皇陛下御在位20年記念硬貨(てんのうへいかございい20ねんきねんこうか)

天皇陛下御在位20年記念硬貨(てんのうへいかございい20ねんきねんこうか):表 天皇陛下御在位20年記念硬貨(てんのうへいかございい20ねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成21年 / 2009年 / 平成時代
素 材ニッケル亜鉛

天皇陛下御在位20年記念硬貨は、その在位20周年を記念して2009年に発行された記念硬貨です。

この「天皇在位20年記念500円ニッケル黄銅貨」のほかに1万円金貨もありますが、このニッケル黄銅貨は表面が菊の花、裏面は菊花紋章のシンプルかつ力強いデザインが特徴です。

発行枚数は1000万枚と入手もしやすいためコレクター必携の1枚となっています。

もしも額面よりも高い買取を希望される方は、古銭の買取業者なら在籍の鑑定士が価値や相場を査定しますので、ぜひ一度ご相談ください。

天皇陛下御在位10年記念硬貨(てんのうへいかございい10ねんきねんこうか)

天皇陛下御在位10年記念硬貨(てんのうへいかございい10ねんきねんこうか):表 天皇陛下御在位10年記念硬貨(てんのうへいかございい10ねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成11年 / 1999年 / 平成時代
素 材ニッケル

天皇陛下御在位10年記念硬貨は天皇陛下が即位されてから10年目を迎えた記念として1999年に発行されました。

この500円白銅貨のほかに1万円金貨がありますが、この白銅貨は、表面に富士山と菊、裏面には菊紋と橘と桜のモチーフが採用されています。

入手は容易ですので、今後大きく価値が上昇する見込みは少ないものの、2点プルーフ貨幣セットの場合は非常に価値が高くなりますので、買取希望の方はコイン買取の専門業者に査定依頼をだされるのがベストと言えます。

第12回アジア競技大会記念硬貨(だい12かいあじあきょうぎたいかいきねんこうか)

第12回アジア競技大会記念硬貨(だい12かいあじあきょうぎたいかいきねんこうか):表 第12回アジア競技大会記念硬貨(だい12かいあじあきょうぎたいかいきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成6年 / 1994年 / 平成時代
素 材ニッケル

1994年に広島県で第12回アジア競技大会が開催された記念として発行された記念硬貨です。

第12回アジア競技大会記念硬貨ですが「広島アジア大会500円白銅貨」とも呼ばれています。

表面には「走る」「跳ぶ」「泳ぐ」の3種類がデザインされたこの硬貨は、それぞれ1000万枚ずつ発行されました。

プルーフの貨幣セットならプレミアムがつきますので、少しでも高くお売りになりたいとお考えの方は、古銭やコイン専門の買取店にご相談されるのが望ましいでしょう。

裁判所制度100周年記念硬貨(さいばんしょせいど100しゅうねんきねんこうか)

裁判所制度100周年記念硬貨(さいばんしょせいど100しゅうねんきねんこうか):表 裁判所制度100周年記念硬貨(さいばんしょせいど100しゅうねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 平成2年 / 1990年 / 平成時代
素 材

この裁判所制度100周年記念硬貨は「裁判所制度記念5000円銀貨」とも呼ばれています。

わが国の裁判所制度が発足して100年を迎えた記念として1990年に発行された記念硬貨で、表面に最高裁の大法廷がデザインされています。

発行枚数が多く入手も容易ですが、完全未使用状態や記念貨貨幣セットをお持ちであれば、額面よりも高く取引されています。

換金する場合や買取相場をお知りになりたい方は、信頼できる専門業者に一度査定依頼をだされると良いでしょう。

国際花と緑の博覧会記念硬貨(こくさいはなとみどりのはくらんかいきねんこうか)

国際花と緑の博覧会記念硬貨(こくさいはなとみどりのはくらんかいきねんこうか):表 国際花と緑の博覧会記念硬貨(こくさいはなとみどりのはくらんかいきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格
時代背景 平成2年 / 1990年 / 平成時代
素 材

国際花と緑の博覧会記念硬貨は「花と緑の博覧会5000円銀貨」とも呼ばれます。

この記念硬貨は1990年に大阪の鶴見緑地にて開催され、花博、EXPO’90などと親しまれた「国際花と緑の博覧会」の開催を記念して発行されました。

表面は花の冠をつけた少女、裏面は花をイメージしたロゴの図案が採用されました。

比較的入手しやすいようですが、保存状態によっては額面以上の価値がありますので、お売りになる際は、専門知識のある鑑定士在籍の買取専門店に相談されることをおすすめします。

皇太子殿下御成婚記念硬貨(こうたいしでんかごせいこんきねんこうか)

皇太子殿下御成婚記念硬貨(こうたいしでんかごせいこんきねんこうか):表 皇太子殿下御成婚記念硬貨(こうたいしでんかごせいこんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 1993年 / 平成5年 / 平成時代
素 材ニッケル

皇太子殿下御成婚記念硬貨は「皇太子御成婚500円白銅貨」とも呼ばれていますが、ほかに5000円銀貨と5万円金貨があります。

表面の図案は金貨、銀貨、白銅貨ともに瑞鳥の鶴二羽のそれぞれ異なったイメージが描かれています。

手頃で入手しやすいため、コレクションの最初の1枚としても人気がありますが、3点プルーフ、2点プルーフでお持ちであればプレミアムもつきますので、いつか換金をお考えの場合は専門のコイン買取業者での依頼が望ましいでしょう。

議会開設100周年記念硬貨(ぎかいかいせつ100しゅうねんきねんこうか)

議会開設100周年記念硬貨(ぎかいかいせつ100しゅうねんきねんこうか):表 議会開設100周年記念硬貨(ぎかいかいせつ100しゅうねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 1990年 / 平成2年 / 平成時代
素 材

議会開設100周年記念硬貨は「議会開設記念5000円銀貨」とも呼ばれ、議会が開設されてから100年を迎えた1990年に発行されました。

図案として国会議事堂がデザインされたこの記念硬貨ですが発行枚数が比較的多いものの、未使用状態、記念貨貨幣セットでお持ちであれば、現在、額面よりも高く取引されています。

もしもこの機会に換金をお考えの方や、現在の買取相場をお知りになりたいなら買取実績のあるコイン買取業者での査定が望ましいでしょう。

関西国際空港開港記念硬貨(かんさいこくさいくうこうかいこうきねんこうか)

関西国際空港開港記念硬貨(かんさいこくさいくうこうかいこうきねんこうか):表 関西国際空港開港記念硬貨(かんさいこくさいくうこうかいこうきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 1994年 / 平成6年 / 平成時代
素 材ニッケル

関西国際空港は1994年に大阪湾内の人工島に作られた海上空港で、世界で初めてすべてが人工島からなる海上空港ですが、その開港を記念して、この関西国際空港開港記念硬貨、別名「関西空港記念500円白銅貨」が発行されました。

比較的入手が容易のため人気がありますが、プルーフセットであれば価値が上がりますので、少しでも高くお売りになりたい方は、専門の買取業者に相談されると市場価値に基づいた査定額を提示してもらえますのでオススメです。

沖縄復帰20周年記念硬貨(おきなわふっき20しゅうねんきねんこうか)

沖縄復帰20周年記念硬貨(おきなわふっき20しゅうねんきねんこうか):表 沖縄復帰20周年記念硬貨(おきなわふっき20しゅうねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成4年 / 1992年 / 平成時代
素 材ニッケル

沖縄復帰20年を記念して発行された記念硬貨がこの500円白銅貨です。

表は沖縄の首里城正殿、裏面には向い合った龍が描かれています。

比較的入手が容易なため完全未使用である場合以外はプレミアムとしての価値は期待できませんがプルーフセットの発行数は通常白銅貨に比べ4万7000個と圧倒的に少なく、1万円前後で取引されています。

高値になるまでもったいない等と思われたら、古銭コインの買取専門店にまずご相談されると良いでしょう。

FIFAワールドカップ記念硬貨(ふぃふぁわーるどかっぷきねんこうか)

FIFAワールドカップ記念硬貨(ふぃふぁわーるどかっぷきねんこうか):表 FIFAワールドカップ記念硬貨(ふぃふぁわーるどかっぷきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成14年 / 2002年 / 平成時代
素 材ニッケル亜鉛

FIFAワールドカップ記念硬貨は、このニッケル黄銅貨のほかに銀貨、金貨があります。

「2002年FIFAワールドカップ記念500円ニッケル黄銅貨」とも呼ばれますが、表面のデザインは、ユーラシア・アフリカ、アジア・オセアニア、南・北アメリカの地図と選手のモチーフが使用され、裏面はエンブレムとサッカーの試合時間のイメージです。

3種類すべて価値も同等ですがプルーフ貨幣セットもございますので、お売りになる際はコイン・古銭の買取専門店へ査定に出し、正しい価値を確認しておきましょう。

内閣制度創始100周年記念硬貨(ないかくせいどそうし100しゅうねんきねんこうか)

内閣制度創始100周年記念硬貨(ないかくせいどそうし100しゅうねんきねんこうか):表 内閣制度創始100周年記念硬貨(ないかくせいどそうし100しゅうねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 昭和60年 / 1985年 / 昭和時代
素 材ニッケル

明治18年に初代内閣総理大臣伊藤博文が任命されて日本の内閣制度が発足し、昭和60年(1985年)に100周年を迎えた記念として発行された額面500円の白銅貨です。

デザインは表面が内閣総理大臣旧官邸、裏面は内閣の印相の図案となっています。

比較的入手が容易なミントセットによるコレクションには、値頃感があるためコレクターに人気があります。

お手元のこの硬貨を換金したい方は、信頼できる硬貨の専門業者に現在の相場がどうなっているか等をお問合せしてみましょう。

大阪万博記念硬貨(おおさかばんぱくきねんこうか)

大阪万博記念硬貨(おおさかばんぱくきねんこうか):表 大阪万博記念硬貨(おおさかばんぱくきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 昭和45年 / 1970年 / 昭和時代
素 材ニッケル

1970年の大阪万博を記念して発行されて「日本万国博覧会記念100円白銅貨幣」という正式名称を持つ、この大阪万博記念硬貨は、比較的購入しやすい記念貨幣として人気があります。

葛飾北斎の「赤富士」が描かれた趣のある表面と博覧会のシンボルマークがデザインされている裏面とのコントラストが大変に印象的です。

貨幣セットであれば非常に価値がありますので、価値が気になる方は、買取業者へ一度試しに査定に出してみる事をおすすめします。

青函トンネル開通記念硬貨(せいかんとんねるかいつうきねんこうか)

青函トンネル開通記念硬貨(せいかんとんねるかいつうきねんこうか):表 青函トンネル開通記念硬貨(せいかんとんねるかいつうきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 昭和63 / 1988年 / 昭和時代
素 材ニッケル

青函トンネル開通記念硬貨(500円白銅貨)は、建設開始から36年という非常に長い工期を経て1988年に完成した世界最長の「青函トンネル」開通を記念して発行されました。

表面は青函トンネルと津軽海峡を飛ぶかもめ、裏面は北海道と本州をつなぐ海底トンネルの地図がデザインされています。

記念硬貨としては希少性は低いですが、その歴史的な背景が、この記念硬貨の価値を高めています。

お売りになる際は、硬貨買取専門店なら在籍の鑑定士が価値や相場を査定しますので、利用されると良いでしょう。

瀬戸大橋開通記念硬貨(せとおおはしかいつうきねんこうか)

瀬戸大橋開通記念硬貨(せとおおはしかいつうきねんこうか):表 瀬戸大橋開通記念硬貨(せとおおはしかいつうきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 昭和63年 / 1988年 / 昭和時代
素 材ニッケル

1988年4月に着工以来9年半の歳月をかけて、道路と鉄道の併用橋として世界最大級の瀬戸大橋が完成しました。

この記念硬貨はその開通を記念して「瀬戸大橋開通記念硬貨(500円白銅貨)」として発行されました。

表面は岡山県側から見た瀬戸大橋全景、裏面は本州と四国の地図が美しくデザインされています。

記念硬貨の場合はその状態により価値が変わってまいりますので、換金の相場をお知りになりたい方は、目利き高い査定員に市場価値判断をお願いしてみるのがポイントです。

札幌五輪記念硬貨(さっぽろごりんきねんこうか)

札幌五輪記念硬貨(さっぽろごりんきねんこうか):表 札幌五輪記念硬貨(さっぽろごりんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 昭和47年 / 1972年 / 昭和時代
素 材ニッケル

この札幌五輪記念硬貨(正式名称:「札幌冬季オリンピック記念100円白銅貨」)は、1972年にアジア圏では初となる冬季オリンピックの開催を記念して発行されました。

表面はオリンピックの聖火台、裏面は五輪マークと初雪のモチーフで冬をイメージしたインパクトのある図案で人気のある記念硬貨ですが、比較的入手しやすいものの、その状態によっては非常に価値がございます。

記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、お売りになりたい方は、一度買取の専門業者に相談することをおすすめいたします。

国際科学技術博覧会記念硬貨(こくさいかがくぎじゅつはくらんかいきねんこうか)

国際科学技術博覧会記念硬貨(こくさいかがくぎじゅつはくらんかいきねんこうか):表 国際科学技術博覧会記念硬貨(こくさいかがくぎじゅつはくらんかいきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 昭和60年 / 1985年 / 昭和時代
素 材ニッケル

1985年に日本で3回目の国際的な博覧会、通称、つくばEEXPO’85の開催を記念して、この国際科学技術博覧会記念硬貨(500円白銅貨)が発行されました。

表面は筑波山と梅、裏面はEXPOのシンボルマークがデザインされています。

記念硬貨の中では入手が容易ですが、EXPO会場にて限定発売された貨幣セットには通常の貨幣セットよりも販売数が少なく希少価値があるものとされています。

家に眠っている硬貨があれば、価値を知るチャンスとして、査定へだしてみてはいかがでしょうか。

沖縄海洋博覧会記念硬貨(おきなわかいようはくらんかいきねんこうか)

沖縄海洋博覧会記念硬貨(おきなわかいようはくらんかいきねんこうか):表 沖縄海洋博覧会記念硬貨(おきなわかいようはくらんかいきねんこうか):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 昭和50年 / 1975年 / 昭和時代
素 材ニッケル

沖縄海洋博覧会記念硬貨(100円白銅貨)は、1975年に沖縄で開催された海洋博覧会を記念して発行された記念貨幣で、記念硬貨の収集を始める方の最初の一枚として人気があります。

表面は守礼門と波、裏面は海洋博のシンボルマークとイルカがデザインされています。

沖縄の本土復帰を記念する硬貨でもあるので「日本国民一人1枚は持っている」と言われるほど記念硬貨の中では最も多く発行されました。

換金をお願いするか検討中でしたら、一度は相談してみる事をおすすめします。

天皇陛下御在位六十年記念硬貨(てんのうへいかございいろくじゅうねんきねんこうか)

天皇陛下御在位六十年記念硬貨(てんのうへいかございいろくじゅうねんきねんこうか):表 天皇陛下御在位六十年記念硬貨(てんのうへいかございいろくじゅうねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 昭和61年 / 1986年 / 昭和時代
素 材

デザインに有名な日本画家平山郁夫を採用したこの記念硬貨は、昭和天皇の在位60年を祝うために作られた初の10万円金貨です。

発行前から話題となり、金貨引き換え抽選券にまで高値がついたり、10万枚以上の大量偽造のニュースで世間を賑わせた話題の多い記念硬貨でもあります。

本物と偽物があり、大きく価値が異なってしまいますので、買取を希望される方はプロの鑑定士に正しい価値を見出してもらうのがポイントとなりますので、必ずコインの買取実績のある専門店にご相談ください。

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣(しんかんせんてつどうかいぎょうごじゅっしゅうねんきねんかへい)

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣(しんかんせんてつどうかいぎょうごじゅっしゅうねんきねんかへい):表 新幹線鉄道開業50周年記念貨幣(しんかんせんてつどうかいぎょうごじゅっしゅうねんきねんかへい):裏 希少価値★★★★☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 平成26年 / 2014年 / 平成時代
素 材

2014年に新幹線開業50周年を記念して作られたプルーフ仕様の1000円銀貨と初のクラッド技術が用いられた100円硬貨があります。

デザインは1000円銀貨に初代新幹線、100円クラッド貨幣には9種類の新幹線の異なったグラフィックが採用された珍しい硬貨です。

とくに1000円銀貨(箱付)やミントセット100円硬貨は希少性が高いので相場における価値が上がっている今は換金のチャンスです。

お売りをお考えであれば、記念硬貨の価値を正確に評価してくれる古銭・コインの買取店へ依頼すると良いでしょう。

南極地域観測50周年記念五百円硬貨(なんきょくちいきかんそく ごじゅっしゅうねんきねん ごひゃくえんこうか)

南極地域観測50周年記念五百円硬貨(なんきょくちいきかんそく ごじゅっしゅうねんきねん ごひゃくえんこうか):表 南極地域観測50周年記念五百円硬貨(なんきょくちいきかんそく ごじゅっしゅうねんきねん ごひゃくえんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格500〜999円
時代背景 平成19年 / 2007年 / 平成時代
素 材ニッケル亜鉛

1956年の南極地域観測予備隊から50年を記念して2007年に発行された硬貨です。

表には越冬隊が基地に残した樺太犬15頭のうち生き残ったタロとジロ、そして観測船「宗谷」が描かれ、裏には南極大陸とオーロラ(4つの星は、昭和基地を含む観測施設を表したもの)が確認できます。

完全未使用品の通常貨幣をプラスチックケースに入れたミントセットもあり、状態により価値が大きく変わりますので、換金など買取をお願いするか検討中であれば、一度は相談してみる事をおすすめします。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ