最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME >

[改造兌換銀行券] 分銅五円(かいぞうだかんぎんこうけん ぶんどうごえん)

[改造兌換銀行券] 分銅五円(かいぞうだかんぎんこうけん ぶんどうごえん):表 [改造兌換銀行券] 分銅五円(かいぞうだかんぎんこうけん ぶんどうごえん):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治21年 / 1888年 / 明治時代
素 材

造兌換銀行券・分銅五円は明治17年制定の兌換銀行券条例に基づいて明治18年から発行された「日本銀行兌換銀券」のひとつです。

紙幣と銀貨を交換するために作られたのですが、品質が悪いため改めて作られたのが改造兌換銀行券です。表に菅原道真が刻まれています。

日本の古紙幣の中でも人気があり数十万円で取引されていることが多いでしょう。

また極美品などになると非常な高値も予想されますので、一度専門家に依頼しどれぐらいの価値なのかを確認した方がよいでしょう。

[新国立銀行券]かじや5円(しんこくりつぎんこうけん かじや5えん )

[新国立銀行券]かじや5円(しんこくりつぎんこうけん かじや5えん ):表 [新国立銀行券]かじや5円(しんこくりつぎんこうけん かじや5えん ):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治11年 / 1878年 / 明治時代
素 材

アメリカで印刷された旧国立銀行券に変わり、日本で初めて製造・発行された洋式の紙幣です。

明治9年国立銀行の設立が相次ぎ、多額の銀行紙幣が必要となり、アメリカに発注した旧国立銀行5種、合計1500万円では不足を生じることが明らかとなった為、新たに紙幣を製造することになりました。

新国立銀行券は1、2、5、10、20、50、100、500円の8種類が計画されましたが、結果的に1円と5円の2種類が発行されただけでした。

この古札は価値が高く、古銭の買取市場では高価に取引されていますので、いざというときのために、お手持ちの紙幣の保存状態を定期的にチェックしておくと良いでしょう。

[新国立銀行券]水平1円(しんこくりつぎんこうけん すいへい1えん )

[新国立銀行券]水平1円(しんこくりつぎんこうけん すいへい1えん ):表 [新国立銀行券]水平1円(しんこくりつぎんこうけん すいへい1えん ):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治10年 / 1877年 / 明治時代
素 材

新国立銀行紙幣とは、日本各地にある国立銀行が発行していた紙幣のうち、洋式印刷の技術を用いて国内で印刷された不換紙幣のことを指します。

額面は1円と5円が存在します。

紙幣の表面には、殖産興業と富国強兵を象徴するモチーフとして、1円には水兵、5円には鍛冶が描かれており、当時の明治政府の施策をよく反映した紙幣と言えます。

新国立銀行紙幣は、価値の高い古札ですので、換金をお考えの際は、切手買取専門店を利用すると良いでしょう。

[旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん )

[旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん ):表 [旧兌換銀行券]大黒1円(きゅうだかんぎんこうけん だいこく1えん ):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治15年 / 1882年 / 明治時代
素 材

日本銀行券は、明治15年に発行された、日本で初めての中央銀行による紙幣です。

お札の表面に大黒様が描かれていることから、古銭のコレクターからは「大黒札」とも呼ばれています。

日本銀行券ですから、1円札については現在でも使用可能な紙幣ではあるのですが、古銭としての価値は、その額面をはるかに超えるものです。

意外に買取ってもらう時に高く付く可能性もありますので、もしも日本銀行券の売買をお考えの場合には、古銭買取の専門業者にご相談いただくことをおすすめいたします。

[大正政府紙幣]10銭(たいしょうせいふしへい 10せん)

[大正政府紙幣]10銭(たいしょうせいふしへい 10せん):表 [大正政府紙幣]10銭(たいしょうせいふしへい 10せん):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 大正6年 / 1917年 / 大正時代
素 材

第一次世界大戦により、銀価格の高騰が起き、大正政府は銀貨の鋳造を停止せざるをえなくなったため、補助通貨の不足を補う目的で、10銭、20銭、50銭の政府紙幣を発行しました。

デザイン自体は、明治時代に発行していた政府紙幣を流用した物ですが、硬貨のように発行年数が印字されているのが特徴です。

大正政府紙幣は、発行年や状態により相場が変わってきます。

売買を考えた場合には、古銭の買取業者に査定依頼することをおすすめします。

[大正兌換銀行券]大正武内5円(たいしょうだかんぎんこうけん たけのうち5えん)

[大正兌換銀行券]大正武内5円(たいしょうだかんぎんこうけん たけのうち5えん):表 [大正兌換銀行券]大正武内5円(たいしょうだかんぎんこうけん たけのうち5えん):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 大正5年 / 1916年 / 大正時代
素 材

大正兌換銀行券とは、大正時代に日本銀行により発行された紙幣です。

第一次世界大戦の影響で、日本は空前の好景気になったため、紙幣での取り引きを円滑に行なう目的で、20円紙幣が新たに発行されるようになりました。

兌換券とされていますが、大正6年から30年まで、日本の金本位制度が停止していたため、銀貨等への交換は行なわれませんでした。

大正兌換銀行券は、状態などにより価値が変わってきますので、信頼のおける買取業者に査定してもらうと良いでしょう。

昭和政府紙幣(しょうわせいふしへい )

昭和政府紙幣(しょうわせいふしへい ):表 昭和政府紙幣(しょうわせいふしへい ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 昭和13年 / 1938年 / 昭和時代
素 材

昭和政府紙幣とは、戦前から戦後にかけて、50銭貨幣の代わりに発行された紙幣です。

年代順に、富士山、靖国神社、板垣退助の紙幣が存在し、さらに靖国神社には、戦前、戦後で「大日本帝国」「日本帝国」の2種類が存在します。

昭和政府紙幣は、1953年に「銭」という単位がなくなるのと同時に、通用が廃止されました。

古札の場合は、その状態により価値が変わってきますので、お持ちの昭和政府紙幣を売る予定があれば、信頼できる鑑定士にお願いして調べてもらうと良いでしょう。

明治通宝(めいじつうほう )

明治通宝(めいじつうほう ):表 明治通宝(めいじつうほう ):裏 希少価値★★★★☆
相場価格50,000〜99,999円
時代背景 明治5年 / 1872年 / 明治時代
素 材

明治通宝は、明治政府によって発行された紙幣です。

この紙幣の印刷は、当時最先端の印刷技術を用いてドイツで行なわれたため、ゲルマン札とも呼ばれています。

明治通宝には、10銭から100円まで9種類の額面がしますが、100円札と50円札に限っては、いまだ古銭市場に出回ったことがなく、その価値は数千万円にもなると予想されています。

貴重な明治通宝ですので、換金する際には古銭買取の専門業者に査定依頼をだして、正確な価値情報を確かめましょう。

藩札 越前福井藩(はんさつ えちぜんふくいはん)

藩札 越前福井藩(はんさつ えちぜんふくいはん):表 藩札 越前福井藩(はんさつ えちぜんふくいはん):裏 希少価値
相場価格
時代背景 寛文元年 / 1661年 / 江戸時代
素 材

江戸時代の日本では、貨幣不足を補う等の目的で、各藩独自の紙幣が発行されていました。

その中でも、初期に発行をされた物が、越前福井藩発行の銀拾匁札です。

その材料としては、五箇村ですかれた越前和紙が利用さていました。

越前和紙と日本の紙幣の歴史は、切っても切れないもので、昭和に発行された紙幣にも、越前和紙の技術が使われています。

越前福井藩発行の銀拾匁札は、歴史的にも貴重な古札になりますので、換金をお考えの際には、鑑定士が在籍している古銭買取の専門店に査定依頼をすれば確かでしょう。

太政官札(だじょうかんさつ)

太政官札(だじょうかんさつ):表 太政官札(だじょうかんさつ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 明治元年 / 1872年 /
素 材

太政官札とは、明治元年に明治政府により発行された紙幣で、10両、5両、1両、1分、1朱の5種類の金種がありました。

当初は13年間の発行期限でしたが、成立したばかりの新政府の信用をよりどころにする紙幣であることや、偽札が出回ったことによって受け入れられなくなり、明治12年までに新紙幣などへの交換が行なわれました。

交換されず民間に残った太政官札は、古銭として価値のある物になっていますので、古銭商などの古銭買取業者で売ることができます。

ぜひ信頼できる鑑定士にお願いして、一度は調べてもらうと良いでしょう。

1 2 3
高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ