最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 小判 > 江戸時代に発行された小判 > 天保小判(てんぽうこばん)

天保小判(てんぽうこばん)

天保小判(てんぽうこばん)

天保小判(てんぽうこばん):表 天保小判(てんぽうこばん):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 天保8年 / 1837年 / 江戸時代
素 材

江戸時代に鋳造された8番目の小判である天保小判は、ローラーを利用した延金作業が行なわれた初めての小判です。

鋳造技術が向上したため、より美しい小判が作られるようになりました。

天保小判は、背面に打刻される印の組み合わせによって縁起物としても人気があり、意図的に「大吉」という印が入れられた献上用の小判は、非常に価値の高いものとされています。

天保小判をお売りになる際には、その価値をよく理解している、プロの鑑定士在籍の古銭買取店に相談するのが望ましいでしょう。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ