最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 小判 > 江戸時代に発行された小判 > 享保小判(きょうほうこばん)

享保小判(きょうほうこばん)

享保小判(きょうほうこばん)

享保小判(きょうほうこばん):表 享保小判(きょうほうこばん):裏 希少価値★★★★★
相場価格500,000〜999,999円
時代背景 正徳4年 / 1714年 / 江戸時代
素 材

享保小判とは、元禄小判の登場以降、品位の低くなった小判を、高品位の慶長小判と同程度まで高めるという目的を持ち鋳造された小判です。

しかし、材料として元禄小判や宝永小判を用いたため、貨幣の流通量が下がり、インフレからデフレに経済が傾き、庶民に打撃を与える結果となりました。

享保小判の金含有量は86%ですから、K20相当の金貨ということになりますが、その価値は貴金属として以上のものです。

取引価格は状態の良いもので60万円であり、古銭買い取りにおいてもかなり良い値がつく小判です。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ