最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 銀貨・銅貨 > その他の素材の貨幣 > 富士一銭アルミ貨(ふじ1せんあるみか)

富士一銭アルミ貨(ふじ1せんあるみか)

富士一銭アルミ貨(ふじ1せんあるみか)

富士一銭アルミ貨(ふじ1せんあるみか):表 富士一銭アルミ貨(ふじ1せんあるみか):裏 希少価値★☆☆☆☆
相場価格1〜499円
時代背景 1941年  / 昭和16年 / 昭和時代
素 材アルミ

太平洋戦争で航空機の重要性が高まり、軽いアルミニウム素材の需要が増したため、カラス一銭アルミ貨の量目を減らして、この硬貨が発行されました。

表面が菊の紋章、富士山、瑞雲で、裏面は左右が逆になったような漢字の「一」の文字で、当時の大蔵大臣河田蔵相によるもののようです。

昭和18年には五銭、十銭アルミニウム貨と同様にさらに重量が0.65gから0.55gへと減り、やがて製造中止となりました。

正確な価値を知りたいのであれば、信頼できる鑑定士にお願いして調べてもらうと良いでしょう。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で古銭買取の専門家が無料査定!!
実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ