最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME >

東京オリンピック記念貨幣(とうきょうおりんぴっくきねんかへい)

東京オリンピック記念貨幣(とうきょうおりんぴっくきねんかへい):表 東京オリンピック記念貨幣(とうきょうおりんぴっくきねんかへい):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 昭和39年 / 1964年 / 昭和時代
素 材

日本で初の記念硬貨となった第18回夏季オリンピック東京大会のコインです。初の民間委託による製造や初の1000円銀貨の発行など、初づくしのこの記念コインはその後の貨幣収集ブームのきっかけともなり、1000円銀貨は一時期2万円を超える高値にまでなるという人気相場を作りました。日本の経済発展の象徴といえる歴史的価値の高い硬貨とも言えますので、換金やお売りになる際は専門の業者にご相談ください。

旧20円金貨(きゅう20えんきんか)

旧20円金貨(きゅう20えんきんか):表 旧20円金貨(きゅう20えんきんか):裏 希少価値★★★★☆
相場価格1,000,000円〜
時代背景 明治3年 / 1870年 / 明治時代
素 材

明治4年(1871年)に「新貨条例」が制定され、近代国家の仲間入りを果たした明治政府が発行した初めての近代貨幣です。この旧20円金貨はコレクターに大変に人気がありますが、発行年が明治3年、9年、10年、13年銘があり、一部入手困難な25年銘のプルーフもあります。売買価格が非常に高額ですので贋作も多く存在していますし、発行年により取引価格も異なりますので、換金をされる際は古銭売買の実績のあるコイン売買の専門業者にご相談ください。

小型50銭銀貨(こがた50せんぎんか)

小型50銭銀貨(こがた50せんぎんか):表 小型50銭銀貨(こがた50せんぎんか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 1922年 / 大正11年 / 大正時代
素 材

大正11年発行のこの銀貨は、第一次世界大戦後の好景気による銀地金の高騰で失われた銀貨が多く、小銭不足でしたが、大正9年をピークに大正10年頃には銀価格が安定しましたので、改めて作られた銀貨です。デザインは表面が鳳凰(フェニックス)であることから鳳凰50銭銀貨とも呼ばれています。銀貨でありながら発行数が非常に多いため入手が容易でコレクターには人気があります。換金をお考えの際は、実績のあるコイン買取業者にご相談ください。

裁判所制度100周年記念硬貨(さいばんしょせいど100しゅうねんきねんこうか)

裁判所制度100周年記念硬貨(さいばんしょせいど100しゅうねんきねんこうか):表 裁判所制度100周年記念硬貨(さいばんしょせいど100しゅうねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 平成2年 / 1990年 / 平成時代
素 材

この裁判所制度100周年記念硬貨は「裁判所制度記念5000円銀貨」とも呼ばれています。わが国の裁判所制度が発足して100年を迎えた記念として1990年に発行された記念硬貨で、表面に最高裁の大法廷がデザインされています。発行枚数が多く入手も容易ですが、完全未使用状態や記念貨貨幣セットをお持ちであれば、額面よりも高く取引されていますので、換金する場合や買取相場をお知りになりたい方は信頼できる専門業者にご相談されることをおすすめいたします。

国際花と緑の博覧会記念硬貨(こくさいはなとみどりのはくらんかいきねんこうか)

国際花と緑の博覧会記念硬貨(こくさいはなとみどりのはくらんかいきねんこうか):表 国際花と緑の博覧会記念硬貨(こくさいはなとみどりのはくらんかいきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格
時代背景 平成2年 / 1990年 / 平成時代
素 材

国際花と緑の博覧会記念硬貨は「花と緑の博覧会5000円銀貨」とも呼ばれます。この記念硬貨は1990年に大阪の鶴見緑地にて開催され、花博、EXPO’90などと親しまれた「国際花と緑の博覧会」の開催を記念して発行されました。表面は花の冠をつけた少女、裏面は花をイメージしたロゴの図案が採用されました。比較的入手しやすいようですが、保存状態によっては額面以上の価値がありますので、お売りになる際は買取実績のある専門の業者にご相談ください。

議会開設100周年記念硬貨(ぎかいかいせつ100しゅうねんきねんこうか)

議会開設100周年記念硬貨(ぎかいかいせつ100しゅうねんきねんこうか):表 議会開設100周年記念硬貨(ぎかいかいせつ100しゅうねんきねんこうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 1990年 / 平成2年 / 平成時代
素 材

議会開設100周年記念硬貨は「議会開設記念5000円銀貨」とも呼ばれ、議会が開設されてから100年を迎えた1990年に発行されました。図案として国会議事堂がデザインされたこの記念硬貨ですが発行枚数が比較的多いものの、未使用状態、記念貨貨幣セットでお持ちであれば、現在、額面よりも高く取引されています。もしもこの機会に換金をお考えの方や、現在の買取相場をお知りになりたいなら実績のあるコイン買取業者にご相談ください。

貞享通宝(じょうきょうつうほう)

貞享通宝(じょうきょうつうほう):表 貞享通宝(じょうきょうつうほう):裏 希少価値★★★★☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 貞享元年 / 1684年 / 江戸時代
素 材

江戸幕府の5代将軍、徳川綱吉の時代、天和4年2月21日、讖緯説で政治上の変革が起こるとされる甲子革令に当たるため、その厄災を避ける目的で、元号が貞享と改元されました。この年に鋳造された銀銭が貞享通宝です。表面には「貞享通寶」、背面には「甲子」の文字が刻印されています。この銀銭は、試鋳銭にとどまったため、現存数も少なく、価値のある古銭と言えます。貞享通宝をお売りになりたい方は、ぜひ、古銭買取専門店をご利用ください。

元和通宝(げんなつうほう)

元和通宝(げんなつうほう):表 元和通宝(げんなつうほう):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 元和2年 / 1617年 / 江戸時代
素 材

元和通宝とは、江戸時代の元号を銭銘とした銅銭で、正式な鋳造記録がないため、幕府によって鋳造された銭貨であるのか、発行目的は何なのかなど、謎の多い銭貨です。銅銭と銀銭がありますが、慶事記念用であったようです。全体に現存数も少なく、実際に通用しなかった試鋳銭のみであるとも考えられています。元和通宝は、非常に価値の高い古銭ですので、換金をお考えの際には、古銭買取の専門店にご相談ください。

新一円銀貨(しんいちえんぎんか)

新一円銀貨(しんいちえんぎんか):表 新一円銀貨(しんいちえんぎんか):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治7年 / 1874年 / 明治時代
素 材

1871年(明治4年)の新貨条例により、対外貿易専用銀貨として発行された一円金貨は、1874年(明治7年)にはデザインが一新されました。これが新一円銀貨です。収集家の間で非常に人気がある古銭で、年号や状態により数千円から数十万円もの大差が生まれます。今は廃貨となっているため贋作が犯罪とならず、だまされないよう買取も慎重に決めなくてはいけません。専門家に相談した方がよいでしょう。

旧一円銀貨(きゅういちえんぎんか)

旧一円銀貨(きゅういちえんぎんか):表 旧一円銀貨(きゅういちえんぎんか):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治7年 / 1874年 / 明治時代
素 材

旧一円銀貨は1871年(明治4年)の新貨条例により、対外貿易専用銀貨として発行されると台湾や中国で流通しました。1874年(明治7年)には新一円銀貨へと代わりデザインが一新されましたが、今でも根強い人気があります。一円銀貨は古銭の中でも収集家が多いことでも知られており、買取価格も高額になりやすいでしょう。振り幅が大きく数千円から数十万円もの差があります。贋作も多いので買取の際には注意しましょう。

1 2 3 4

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ