最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 明治時代(1868〜1912)

明治時代(1868〜1912)

[甲号兌換銀行券] 裏猪十円(こうごうだかんぎんこうけん うらいのしし10えん)

[甲号兌換銀行券] 裏猪十円(こうごうだかんぎんこうけん うらいのしし10えん):表 [甲号兌換銀行券] 裏猪十円(こうごうだかんぎんこうけん うらいのしし10えん):裏 希少価値★★★★☆
相場価格50,000〜99,999円
時代背景 明治32年 / 1899年 / 明治時代
素 材

図案:和気清麿と護王神社、裏に猪あり。銀本位制から金本位制への移行に伴い、同党の金や銀と引き換える兌換券が発行されました。そのひとつが裏猪十円で、肖像になっている和気清麻呂は猪によって難事を救われたとの伝説があり、裏面の猪はこの伝説に基づいて作られています。古紙幣としては非常に人気があり通常でも数万円から十万円程度の買取価格になります。極美品などになると数十万円になることもあるので、慎重に鑑定してもらいましょう。

ちなみに私が買取に利用した「ウルトラバイヤープラス」さんは、古銭の知識が豊富な専門の査定員がいるので安心して査定をしてもらえますよ。

■全国古銭買取専門 ウルトラバイヤープラス

その他の買取店もランキングでご紹介してます。ぜひ参考にしてください。

[改造兌換銀行券] 分銅五円(かいぞうだかんぎんこうけん ぶんどうごえん)

[改造兌換銀行券] 分銅五円(かいぞうだかんぎんこうけん ぶんどうごえん):表 [改造兌換銀行券] 分銅五円(かいぞうだかんぎんこうけん ぶんどうごえん):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治21年 / 1888年 / 明治時代
素 材

造兌換銀行券・分銅五円は明治17年制定の兌換銀行券条例に基づいて明治18年から発行された「日本銀行兌換銀券」のひとつです。紙幣と銀貨を交換するために作られたのですが、品質が悪いため改めて作られたのが改造兌換銀行券です。表に菅原道真が刻まれています。日本の古紙幣の中でも人気があり数十万円で取引されていることが多いでしょう。また極美品などになると非常な高値も予想されます。一度専門家に確認した方がよいでしょう。

新20円金貨(しん20えんきんか)

新20円金貨(しん20えんきんか):表 新20円金貨(しん20えんきんか):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治30年 / 1897年 / 明治時代
素 材

新20円金貨は、日本において金本位制が確立された明治30年に発行され、以来、昭和7年まで、たびたび発行された20円金貨です。旧20円金貨と比べると重量は半分で、発行枚数も多いため、比較的手に入りやすい金貨といえます。そのため、コインのコレクターには大変に人気の高い金貨でもあります。新20円金貨は、発行年や、その状態により買取相場が大きく異なりますので、換金をお考えの際は、売買実績のある古銭買取業者にご相談ください。

旧20円金貨(きゅう20えんきんか)

旧20円金貨(きゅう20えんきんか):表 旧20円金貨(きゅう20えんきんか):裏 希少価値★★★★☆
相場価格1,000,000円〜
時代背景 明治3年 / 1870年 / 明治時代
素 材

明治4年(1871年)に「新貨条例」が制定され、近代国家の仲間入りを果たした明治政府が発行した初めての近代貨幣です。この旧20円金貨はコレクターに大変に人気がありますが、発行年が明治3年、9年、10年、13年銘があり、一部入手困難な25年銘のプルーフもあります。売買価格が非常に高額ですので贋作も多く存在していますし、発行年により取引価格も異なりますので、換金をされる際は古銭売買の実績のあるコイン売買の専門業者にご相談ください。

[新国立銀行券]かじや5円(しんこくりつぎんこうけん かじや5えん )

[新国立銀行券]かじや5円(しんこくりつぎんこうけん かじや5えん ):表 [新国立銀行券]かじや5円(しんこくりつぎんこうけん かじや5えん ):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治11年 / 1878年 / 明治時代
素 材

アメリカで印刷された旧国立銀行券に変わり、日本で初めて製造・発行された洋式の紙幣です。明治9年国立銀行の設立が相次ぎ、多額の銀行紙幣が必要となり、アメリカに発注した旧国立銀行5種、合計1500万円では不足を生じることが明らかとなった為、新たに紙幣を製造することになりました。新国立銀行券は1、2、5、10、20、50、100、500円の8種類が計画されましたが、結果的に1円と5円の2種類が発行されただけでした。この古札は価値が高く、古銭の買取市場では高価に取引されています。

菊五銭白銅貨(きくごせんはくどうか)

菊五銭白銅貨(きくごせんはくどうか):表 菊五銭白銅貨(きくごせんはくどうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 明治21年 / 1888年 / 明治時代
素 材ニッケル

明治3年に発行された銀貨の五銭は、小さい上に使い勝手悪く世間では不評でした。そのため明治21年の新貨条例(明治8年に貨幣条例に改称)では変更され、菊五銭白銅貨が生まれたのです。白銅はニッケルと銅の合金で耐久性に優れ世界の硬貨にも使用されるようになりました。希少的な価値は低く、比較的安価で取引されることが多いでしょう。ただ明治28年だけは発行数が少なく未使用品では二万円を超えることもあります。

一厘銅貨(いちりんどうか)

一厘銅貨(いちりんどうか):表 一厘銅貨(いちりんどうか):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 1873年 / 明治6年 / 明治時代
素 材亜鉛

新貨条例施行に伴い、明治3年(1870年)に銅貨の製造が開始されましたが製造所が完成されていなかったため試作品のみとなりました。明治6年(1873年)改めて一厘硬貨の製造が始まりました。通品は安価で取売買されるのですが価格差が大きく、特に明治8年(後期)から明治13年までは発行枚数が少ないため希少な古銭です。買取の際にはよく調べて、時には専門家に任せた方がよいでしょう。

半銭銅貨(はんせんどうか)

半銭銅貨(はんせんどうか):表 半銭銅貨(はんせんどうか):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 明治3年 / 1870年 / 明治時代
素 材亜鉛

明治3年(1870年)に新貨条例施行に伴い半銭銅貨は製造を開始することとなりました。。しかし金・銀硬貨が優先されたため、施策のみで、明治6年(1873年)に本格的に製造が開始されました。半銭銅貨は普段は古銭の中でもお手軽な価格で売買されることが多いです。が、明治10年の角うろこの物と明治12年の品は希少性が高く価格も高揚するのでよく調べてから買取を検討するとよいでしょう。

二銭銅貨(にせんどうか)

二銭銅貨(にせんどうか):表 二銭銅貨(にせんどうか):裏 希少価値
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 明治6年 / 1873年 / 明治時代
素 材亜鉛

二銭銅貨は明治6年(1873年)銅貨製造所が完成すると、新しく制定された二銭、デザインが変更された一銭、半銭および一厘銅貨の製造が同時に開始されました。銅貨の中でも比較的安価で手に入れることができ買取はあまり期待できない可能性があります。しかし明治6年の品は流通数が少なく1万円をこえることも期待できるのでよく調べてから買取をしてもらうのがよいでしょう。

新一円銀貨(しんいちえんぎんか)

新一円銀貨(しんいちえんぎんか):表 新一円銀貨(しんいちえんぎんか):裏 希少価値★★★★☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 明治7年 / 1874年 / 明治時代
素 材

1871年(明治4年)の新貨条例により、対外貿易専用銀貨として発行された一円金貨は、1874年(明治7年)にはデザインが一新されました。これが新一円銀貨です。収集家の間で非常に人気がある古銭で、年号や状態により数千円から数十万円もの大差が生まれます。今は廃貨となっているため贋作が犯罪とならず、だまされないよう買取も慎重に決めなくてはいけません。専門家に相談した方がよいでしょう。

1 2 3 4

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ