最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 江戸時代(1603~1867)

江戸時代(1603~1867)

明暦大判金(めいれきおおばんきん)

明暦大判金(めいれきおおばんきん):表 明暦大判金(めいれきおおばんきん):裏 希少価値★★★★★
相場価格1,000,000円〜
時代背景 明暦4年 / 1658年 / 江戸時代
素 材

江戸時代の明暦3年に起きた明暦の大火は、江戸の街の大半を焼き、幕府の御金蔵も被害を受けました。そのために、溶けた金銀を鋳造し直す必要が生じたのですが、その際に鋳造し直された大判が、明暦大判と呼ばれています。明暦大判は、その古銭としての価値もさることながら、美術品としても非常に価値が高く貴重な物です。ですから、明暦大判の換金をお考えの際には、まず、古銭買取を専門に行なう業者に相談することをおすすめします。

叶手元祐(かのうげんゆう・かのうでげんゆう)

叶手元祐(かのうげんゆう・かのうでげんゆう):表 叶手元祐(かのうげんゆう・かのうでげんゆう):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 江戸時代
素 材

叶手元祐とは、日本国内で私鋳された鐚銭です。表面に宋銭の「元佑通宝」と同じ銭文があり、背面に「口」と「叶」がある物を区別し「叶」と呼ぶようになり、それと共通した書体を持つ一群の銅銭を叶手元佑と呼ぶようになりました。「叶」以外にも、「一」「八」「真」等の文字が刻まれた物や、無背の物があります。叶手元祐は、書体などにより10万円以上の価値も見込める古銭ですので、お売りになりたい場合には、古銭買取の専門店をご利用ください。

咸豊通宝(かんぽうつうほう)

咸豊通宝(かんぽうつうほう):表 咸豊通宝(かんぽうつうほう):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 咸豊元年 / 1851年 / 江戸時代
素 材

咸豊通宝とは、清王朝の第9代皇帝咸豊帝の時代に鋳造された銭貨で、清朝銭としては珍しく、銅銭と鉄銭の2種類が鋳造されています。金種は当五、当十、当百、当五十、当百、当千まであり、それぞれに価値は様々ですが、とくに大型の物は、高い価値で取引をされています。近代になって作られた模造品も多くありますので、換金をお考えの場合は、古銭買取専門店などで、しっかりと鑑定してもらうのがいいでしょう。

二字宝永(にじほうえい)

二字宝永(にじほうえい):表 二字宝永(にじほうえい):裏 希少価値★★★★☆
相場価格
時代背景 宝永4年 / 1707年 / 江戸時代
素 材

二字宝永とは、宝永通宝の発行に先立って、宝永4年に試鋳された銅製の試鋳銭で、表面の左右に「寳永」の二文字が刻印されているため、このように呼ばれています。背面には、上下左右に「万代通用」と刻印されています。この銅銭は試鋳銭ですので、現存枚数も少なく、非常に価値のある古銭の一つです。二字宝永の換金をお考えの場合には、まず、古銭の買取を専門に行っている業者に、査定を依頼することをおすすめいたします。

貞享通宝(じょうきょうつうほう)

貞享通宝(じょうきょうつうほう):表 貞享通宝(じょうきょうつうほう):裏 希少価値★★★★☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 貞享元年 / 1684年 / 江戸時代
素 材

江戸幕府の5代将軍、徳川綱吉の時代、天和4年2月21日、讖緯説で政治上の変革が起こるとされる甲子革令に当たるため、その厄災を避ける目的で、元号が貞享と改元されました。この年に鋳造された銀銭が貞享通宝です。表面には「貞享通寶」、背面には「甲子」の文字が刻印されています。この銀銭は、試鋳銭にとどまったため、現存数も少なく、価値のある古銭と言えます。貞享通宝をお売りになりたい方は、ぜひ、古銭買取専門店をご利用ください。

元禄開珍(げんろくかいちん)

元禄開珍(げんろくかいちん):表 元禄開珍(げんろくかいちん):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 元禄6号 / 1693年 / 江戸時代
素 材

江戸時代、様々な文化が発展していく中、庶民の間で絵銭という貨幣の類似品が鋳造されるようになりました。絵銭は、お守り、記念品、おもちゃとして利用され、元禄開珍もその中の一つとして伝わっています。表面には「元禄開珎」、裏面には、「一ト」という文字や、鶏の絵が刻印されています。絵銭は収集家も多く、人気の古銭です。より高い価値での売却をご希望の場合には、やはり、古銭の買取を行っているお店に相談するのがよいでしょう。

元禄開珍(げんろくかいちん)

元禄開珍(げんろくかいちん):表 元禄開珍(げんろくかいちん):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格1,000〜9,999円
時代背景 元禄6号 / 1693年 / 江戸時代
素 材

江戸時代、様々な文化が発展していく中、庶民の間で絵銭という貨幣の類似品が鋳造されるようになりました。絵銭は、お守り、記念品、おもちゃとして利用され、元禄開珍もその中の一つとして伝わっています。表面には「元禄開珎」、裏面には、「一ト」という文字や、鶏の絵が刻印されています。絵銭は収集家も多く、人気の古銭です。より高い価値での売却をご希望の場合には、やはり、古銭の買取を行っているお店に相談するのがよいでしょう。

元和通宝(げんなつうほう)

元和通宝(げんなつうほう):表 元和通宝(げんなつうほう):裏 希少価値★★★☆☆
相場価格100,000〜499,999円
時代背景 元和2年 / 1617年 / 江戸時代
素 材

元和通宝とは、江戸時代の元号を銭銘とした銅銭で、正式な鋳造記録がないため、幕府によって鋳造された銭貨であるのか、発行目的は何なのかなど、謎の多い銭貨です。銅銭と銀銭がありますが、慶事記念用であったようです。全体に現存数も少なく、実際に通用しなかった試鋳銭のみであるとも考えられています。元和通宝は、非常に価値の高い古銭ですので、換金をお考えの際には、古銭買取の専門店にご相談ください。

琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ)

琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ):表 琉球通宝 半朱(りゅうきゅうつうほう はんじゅ):裏 希少価値★★☆☆☆
相場価格10,000〜49,999円
時代背景 文久3年 / 1863年 / 江戸時代
素 材

琉球通宝半朱とは、琉球の救済を目的として、薩摩藩によって鋳造された地方貨幣の一種です。円形に四角い穴を持つ銅銭で、32枚で1両として通用しました。刻印は両面ともに篆書体が用いられ、表面には「琉球通寶」、裏面には「半朱」と記されており、側面には薩摩藩で鋳造されたことを示す「サ」の字が刻印されています。琉球通宝は、字形の差によっても価値が変わりますので、換金をお考えの場合には、古銭買取のお店にご相談ください。

盛岡銅山(もりおかどうざん)

盛岡銅山(もりおかどうざん):表 盛岡銅山(もりおかどうざん):裏 希少価値★★★★☆
相場価格50,000〜99,999円
時代背景 慶応2年 / 1866年 / 江戸時代
素 材

盛岡銅山は、盛岡藩の中で通用した地方通貨の一種です。小判型に四角形の穴が開いた穴銭で、表には「盛岡銅山」、裏には「百文通用」と刻印されています。この貨幣は、天保通宝の密鋳を目的としていたこともあり、鋳造数が少ないようです。そのため、価値が非常に高く、真贋のはっきりした物が160万円以上で取り引きされた記録もあります。鑑定書のない古銭をお売りになりたい場合には、まず、古銭買取の専門業者に査定の依頼をしてみることをおすすめします。

1 2 3 4 5 8

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ