最も手軽な文化遺産に触れられる趣味 古銭コレクターになろう!

古銭・アンティークコイン情報サイト - 古銭収集を趣味にしよう
HOME > 大判

大判

大判
大判(おおばん)とは、16世紀以降に日本で作られた延金貨幣(槌で叩くなどして薄く広げた金の塊)の中の、大型で楕円形のものの総称です。大きさは、おおよそ縦長143ミリ、幅84ミリもあり、有名な大判では、慶長大判や天保大判などがあります。古銭は古いものほど古銭の価値があるわけではありません。大判の場合の価値は、保存状態や希少価値などにより、古銭の買取時には安いものでも2,000,000円程度、高いものでは70,000,000円程度にもなります。

大判の種類一覧

天保大判

天保大判
天保大判(てんぽうおおばん)は、天保9年(1838年)から万延元年(1860年)の22年間に鋳造された重さがが165.4グラムの大判です。天宝大判は鋳造量が1,887枚と言われており、たいへん希少価値が高いだけに古銭の価値も高く、古銭の取引市場では、1枚5,000,000円から10,000,000円で取引されているレアものになります。今後の見通しとして、天宝大判の買取価格は、まだまだ上がるとみられていますので、売却を考えている方はもう少し待ってみるといいかもしれません。

慶長大判

慶長大判
慶長大判(けいちょうおおばん)は、慶長6年(1601年)から鋳造された大判で、慶長笹書大判金(けいちょうささがきおおばんきん)、明和大判(めいわおおばん)と呼ばれる明和暦に鋳造されたものなどの8種類ほどに分類されますが、全て重量は164.9グラムに統一されています。慶長大判の古銭の価値は非常に高く、慶長笹書大判金は古銭の買取市場では、1枚25,000,000円から45,000,000円の高値で取引されているほどです。鋳造当時の墨書がそのまま残っているものなら、もっと高値が付くかもしれません。

その他の大判

その他の大判
大判(おおばん)とは、16世紀以降に日本で作られた延金貨幣(槌で叩くなどして薄く広げた金の塊)の中の、大型で楕円形のものの総称です。大きさは、おおよそ縦長143ミリ、幅84ミリもあり、有名な大判では、慶長大判や天保大判などがあります。古銭は古いものほど古銭の価値があるわけではありません。大判の場合の価値は、保存状態や希少価値などにより、古銭の買取時には安いものでも2,000,000円程度、高いものでは70,000,000円程度にもなります。

おすすめ記事

実録!いらない古銭を買取業者に売ってみた。 古銭大人女子ブログ_古銭いろいろ情報発信
ページTOPへ